慶応義塾大学

11. März 10

【舞台公演】 慶應義塾大学公演 『土方巽 「病める舞姫」 を秋田弁で朗読する』(2010年3月9日、ザムザ阿佐ヶ谷)

 2010年3月9日、夕刻。雨から雪に変わったこの日、阿佐ヶ谷の小劇場「ザムザ阿佐ヶ谷」で、慶應義塾大学学生とプロの劇団員のコラボレーションによる『土方巽「病める舞姫」を秋田弁で朗読する』という試みの舞台が上演された。これは、原典では標準語で書かれた土方巽の幼少時代の自伝的エッセイ『病める舞姫』を、あえて秋田弁で朗読し、そのテクストから土方の身体に迫ろうとするものである。
 この企画は、先日も告知記事で紹介したが、財団法人東京都歴史文化財団が「東京文化発信プロジェクト」の一環で、学生とアーティストによる交流プログラムの中で実現したものである。これに自治体の賛同も加わり、いわば芸術文化活動における産学共同プロジェクトのようなものとして結実したものだ。
 まず、この「ザムザ阿佐ヶ谷」という空間自体が東北の古民家のような作りで、四方は土壁と年季の入った太い梁で囲まれている。板の間の床も、神経質に研磨されたものではなく、人間の顔や目玉に見える木の節が剥き出しになっている。かつて「田舎」と言われた地方に故郷を持つ人ならば、子供時代、薄暗い「離れ」や「くみ取り便所」、そして、夜になると何者かに見えてくる柱や床の木の節が怖かった事を思い出すであろう。この隠遁として、しかも湿気に満ちた内臓的空間こそが、土方巽の幼年期を育ててきたものである。
 舞台には、無造作に丸められた新聞紙が一面に散らかっており、人が座れるほどの黒い四角い炭のようなオブジェが配置されている。背面には土方巽がスイカを囓りながらこちらを凝視する巨大なポートレイト。まさに、土方巽のフォルクロア的空間である南秋田の旭川村に閉じこめられたようなモノトーンの世界だ。
 ここで作られた空間の持つ雰囲気は、私にとっては1970年代後期から80年代にかけて、現代美術作家の竹内博が神田の真木画廊で盛んに発表していた新聞紙や廃物によるインスタレーション作品を忘却の彼方から久しぶりに思い起こされるような空間である。竹内もやはり、東北、盛岡の滝沢村で、野外に廃物や日用品のインスタレーションを放置し、それがやがて朽ちて土に同化していくプロセスそのものを作品として提示した。極力自分で恣意的な動作による手を加えない禁欲的に限定された不自由な表現は、凍てつく乾いた大地に横たわる土方の姿と重なったわけである。
 
開演前のこの会場では、すでに秋田の民謡もBGMで流れており、まるで古びたムラの公民館のようである。舞台と客席も同じ質感で繋がっており、そこに14人の朗読者が現れて、肉声による秋田弁の朗読が始められるのである。
 
この14人の朗読者の中には秋田弁のネイティヴの山谷初男がいる。その山谷初男をまるで火鉢を囲むようにその他の朗読者たちが位置に付いている。彼らのほとんどは秋田弁どころか秋田にも所縁がない。そんな彼らが秋田弁を修得するためにUstreamでライブ回線を繋げ、土方と所縁のある「場」をフィールドワークしながら秋田弁を身体内部へと取り込んでいった。今回その試みの意図が明快に理解できる舞台であった。

 今回の、原典を改編した試みについてのひとつの解釈として、土方巽が生前の身体表現活動において、自らの身体運動をすべてメソッド化していったことを考えれば答えがでよう。つまり、土方にとっては身体運動も「語学」と同様に、他の者も修得出来得るものとして理性的にメソッドが作られた。我々はそれによって土方亡き今も、土方にまつわる「言葉」と「身体」を、実はそう違和感はなく同一のものとして捉えることができるのである。原典の改編は、いわば「教本」として書かれたテクストに、14人の朗読者による肉声で色・艶を載せて再現された土方巽の肉体そのものであるということである。
 
14人の朗読者は、まるで田舎の大家族の集合写真の様に全員が客席に対面している。そこから時折ヒアリングが困難な秋田弁が飛び交い、イレギュラーとして標準語が挿入される。この秋田弁と標準語との揺り戻しがとてつもない緊張感を生んでいる。土方の誕生から生涯を閉じるまでの年代記とインタラクションして現れる秋田弁と標準語との間で繰り広げられる言葉の格闘は、肉声による朗読であるからこその迫力である。
 
圧巻だったのは、朗読者たちが一斉に立ち上がって床を踏み鳴らしながら童歌を歌うところである。

 「ツンボにメクラ、ヘビ、ねずみ!」

 このリズムで反復される童歌は、床を伝わって内臓まで響いてくる。この地の底からわき出すような土俗的エネルギーは、かつて自分が生まれた空間から乖離してしまった身体の記憶を蘇らせるものである。人間が直感的、生理的に身を乗り出すようなこのリズムは、左脳が極端に肥大化し、右脳が著しく退化した我々にはあまりに刺激的すぎる。
 
それは、作曲家・伊福部昭が北海道の辺境でアイヌの舞楽に出会った時のように、病者も虫も五穀豊穣を喜び、そしてやがては共々に土へと朽ちて帰っていくような生けるものたちの一生を垣間見た瞬間であった。その生けるものたちの中心に、確かに土方巽の肉体が鎮座していた。
 
舞台の幕が下りてからもこの日ならではの演出がなされた。土方巽の誕生日に因んで本日の舞台の朗読者14人、公演スタッフ、客席の来場者全員で記念写真を撮影したのである。土方と所縁のある雪の降りしきる武蔵野の辺境・阿佐ヶ谷の夜に、我々はまんまとこの「気配」のある空間に取り込まれてしまったのであった。

■土方巽関係レヴュー一覧■
【慶應義塾大学】 『病める舞姫』を秋田弁で朗読する(2010年3月9日、ザムザ阿佐ヶ谷で上演)

【研究会】 土方巽『舞踏大解剖2』(慶応義塾大学日吉キャンパス)
【論集】 『慶応義塾大学アート・センター 年報14』2006/07

----------------------------------------
【お知らせ】
twitterをはじめました。こちらでは政治家、経済専門家、医師、ジャーナリストらの皆さんと、わが国の外交、防衛、政治・経済、医療行政について討論をしています。

http://twitter.com/JPN_LISA
----------------------------------------    

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

21. Februar 10

【慶應義塾大学】 『病める舞姫』を秋田弁で朗読する(2010年3月9日、ザムザ阿佐ヶ谷で上演)

Photo

 財団法人東京都歴史文化財団と慶應義塾大学の主催で、土方作品についての新しい解釈と試みが行われようとしている。
 『病める舞姫』は、舞踏家・土方巽が故郷・秋田で過ごした少年時代の記憶を綴ったもので、原典は1977年から1978年にかけて雑誌『新劇』に連載されたものである。この作品は土方の少年時代の記憶を綴ったものではあるが、具体的な地名は登場せず、文体もほぼ標準語で書かれている。今回それを、あえて秋田弁で朗読することで、土方巽の持つ世界観、身体性に肉薄しようという大胆な試みである。
 この企画は、財団法人東京都歴史文化財団が「東京文化発信プロジェクト」の一環で、学生とアーティストによる交流プログラムの中で実現したものである。これに自治体の賛同も加わり、いわば芸術文化活動における産学共同プロジェクトのようなものになっている。
 一時期わが国で企業メセナ・ブームが起こった頃、各地でもっと華やかな文化交流事業が多く立ち上げられた時代もあったが、現在は見る影もない。そのような情況の中で、地道に文化交流プロジェクトを継続している私学もいくつか存在する。例えば多摩美術大学が芸術学部専攻の学生の演習として行っている「TAMA VIVANT」がその一つだ。これは多摩美の学生らが数名でチームを組み、プロとして現役で活動している現代美術作家と各々がコンタクトをとって、学生自らが展覧会の企画・運営をするというものだ。学生はまず、出品依頼する作家の選定作業から入り、次に作家と直接コンタクトをとり、展覧会の趣旨のプレゼンテーション、出品依頼、カタログ作成、作品の搬入・搬出、展示の一切を行う。学生らはこれを通して、実際の展覧会の立ち上げ方を学ぶとともに、プロの現代美術作家の現場も見ることができる。
 今回、慶應義塾大学が中心となって行うこの企画も、プロの劇団員と学生らが共同で上演するものである。舞台に立つ学生の中には、大学の講義で初めて土方の存在を知ったという学生もいる。もちろん秋田弁をしゃべったこともない学生もいる。このような彼らが土方巽の持つ「言葉」と「身体性」に、東北・秋田の深くクローズドされた空間から迫ろうとするものである。

 上演場所のザムザ阿佐ヶ谷という空間は、阿佐ヶ谷では有数の小劇場である。有名なミニシアター「ラピュタ阿佐ヶ谷」が併設され、「山猫軒」という地元グルマンにも評判の小さなレストランもある。向かいの場所には現在は東亞興行が経営・管理するスポーツクラブが立っているが、ここは昔、名画座「阿佐ヶ谷オデヲン座」があった場所だ。
 阿佐ヶ谷という空間は土方巽とも関わりが深い。土方と交流があった暗黒舞踏集団「大駱駝艦」の麿赤児、「情況劇場」の唐十郎、劇団「天井桟敷」の寺山修司らも、もともと阿佐ヶ谷を活動拠点や住まいとしていた。JR阿佐ヶ谷駅の高架線の下には、寺山修司もよく通った定食屋「チャンピオン」があり、居酒屋街には今でも「天井桟敷」の系譜を継ぐ劇団関係者が経営しているバーもある。北口には河北総合病院があり、ここは寺山修司が息を引き取った場所である。
 土方巽が『病める舞姫』を連載していた1970年代中葉期は、暗黒舞踏、小劇団が全盛の時代であり、1975年に寺山修司が上演した市街劇『ノック』は、阿佐ヶ谷南1丁目あたりから五日市街道を越えた成田東1丁目までの広範囲で同時多発的にハプニング、路上劇、パフォーミングアーツが展開されるという野外劇で、「天井桟敷」の一団が荻窪団地付近のマンホールの中から全身包帯だらけの正体不明の姿で登場したことで騒ぎとなり、警察が出動したのは地元では有名な話。阿佐ヶ谷という空間はこのような特異な磁場を持った空間なのである。
 今回、土方の誕生日にあたる3月9日に、阿佐ヶ谷という非常に磁場の強い空間で、秋田弁によるテクストのみで、一体どんな土方の「病める」身体が立ち上がってくるのか、注目したい。

東京文化発信プロジェクト 学生とアーティストによるアート交流プログラム
『「病める舞姫」を秋田弁で朗読する』米山九日生少年に捧ぐ
2010年3月9日(火) PM18:30開場 PM19:00開演
場所■ザムザ阿佐ヶ谷
料金■入場無料(要予約)
予約問い合わせ■慶應義塾大学アートセンター
TEL 03-5427-1621
FAX 03-5427-620

www.art-c.keio.ac.jp
maihime-ac@adst.keio.ac.jp
【主催】
東京都
東京文化発信プロジェクト
財団法人東京都歴史文化財団
慶應義塾大学
【企画】
森下 隆(土方巽アーカイヴ)
【運営】
慶應義塾大学アート・センター

■土方巽関係レヴュー一覧■
【研究会】 土方巽『舞踏大解剖2』(慶応義塾大学日吉キャンパス)
【論集】 『慶応義塾大学アート・センター 年報14』2006/07

----------------------------------------
【お知らせ】
twitterをはじめました。こちらでは政治家、経済専門家、医師、ジャーナリストらの皆さんと、わが国の外交、防衛、政治・経済、医療行政について討論をしています。

http://twitter.com/JPN_LISA
----------------------------------------    

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

09. Februar 08

土方巽『舞踏大解剖2』(慶応義塾大学日吉キャンパス)

 去る12月21日(金)、慶応義塾大学日吉キャンパス内来往舎シンポジウム・スペースで、『土方巽 舞踏大解剖2』と題した上映会が催された。
 これは、舞踏家・土方巽が“役者”として出演した代表的映画を集め、その解説を含めながら上映するというものである。上映作品は、版権の問題で一部分しか上映が許可されないものや、日本での再版がされておらず、インターナショナル・バージョンで蘇った作品も含まれた。一つ一つの上映作品については、後日個別に書くことにして、ここでは映像の中の土方巽について考えてみる。
 まず、土方が出演した映画の中で、意外にも石井輝男監督の作品が多いことに驚いた。石井輝男といえば、高倉健主演の『網走番外地』シリーズで知られる東映のヒットメーカーである。つまりは興行的に“売れる”映画を作れる監督だ。その石井輝男が一方で、土方を迎えて撮った作品が『恐怖奇形人間』や『怪談昇り竜』などのいわゆるエログロ系のカルトムービーである。ここでの土方の役割は、現世から隔絶した存在の怨念や業(ごう)を秘めたアウトサイダーであり、それは映像のプロットの中で重要な骨格を作っている。
 つまり石井がショウビズの中で描いたアウトサイダーがヤクザであるならば、アートワークの中で描いたアウトサイダーが異常性愛者、障害者などである。物語の中では、現在では不快語として敬遠されている「かたわ」「キチガイ」「せむし」「びっこ」「裏日本」などという懐かしい言葉が隠すことなく平気で登場し、当然のことながらこれらの言葉の織りなす世界では、「男尊女卑」「近親相姦」「獣姦」「食人」「奇形」「人さらい」などといった前近代的タブーとアンチ・ヒューマニズムが存在している。これらは人間のハラワタのような存在であり、普段はそのハラワタを覆う骨格、筋肉、表皮が辛うじてそれを外に出さないようにしているのだが、その内部に怨念のように閉じ込められたハラワタが何かの拍子に外へと放出されそうな予感が緊張感を生んでいるのである。
 この「予感」とは、別の言い方をすれば怖いもの見たさとスリルであり、「裏日本」の古い因習の中で熟成された伝承のようなものが、あるもの無いものの想像力をかきたてるのである。
 土方の役割は、そういった因習のパノラマで異形の姿をなして閉じ込められた身体を演じきることである。
 この点と少し共通する逸話を、『恐怖奇形人間』共演者のビショップ山田氏がたいへん興味深く話してくれた。
 近代以前の東北の「裏日本」の冬は、ひとたび豪雪になると文字通り陸の孤島となり、電気も通っていなかった多くの集落では、あたり一面は闇の世界になる。その闇の世界では、集落の中で点在する近隣の家とは連絡も遮断され、身心ともに極限状態の一人ひとりが暗い家の中に取り残される。その暗い家の中で人々が何をして気を紛らわすかといえば、酒と会話なのだそうだ。酒はわかるとして、会話というのは何かというと、どうやらただの会話ではなく、妄想めいた作り話を延々とするそうである。つまりここで自然発生的に「語り部」の役割を担わされたものが現れ、その他がそれに聞き入ることで、何とか「キチガイ」にならないで済んでいるということだ。
 ビショップ山田氏の話によれば、出典は明らかではないが、この状況とまったく同じものを柳田国男の本で読んだことがあるそうだ。言われてみれば、柳田が採録した説話や物語は、そのプロットの中にはしばしば「通過儀礼」が設定されていて、「人食い」「親殺し」「鬼殺し」といった凄惨な行為の中にも、辺境の狭い閉鎖的集落での実生活をメタファにした掟がはっきりと刻印されている。ビショップ山田氏は、『北方舞踏派』の一連の仕事で東北の「裏日本」に長らく身を置くことで、柳田国男がフィールドワークで体験した世界と似たようなものを、物語の解体・再構築の過程の中で体験したというのであろうか。これは土方同様、一舞踏家として非常に重要で、かつ貴重な体験であり、「場」や「環境」が創作的モティベーションにどのように関わるのかを知る上でも、たいへん興味深い逸話であった。
 なお、来月3月4日には、このシンポジウムの後を継ぐかたちで、同じく慶応大学日吉キャンパスで、『1000年刻みの日時計』研究上映会が開催される。これは朝10:30から夕方の18:00までの長時間に及ぶ研究会で、再び土方の貴重な仕事に触れる機会となるであろう。

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

16. Dezember 07

【論集】『慶応義塾大学アート・センター 年報14』2006/07

『慶応義塾大学アート・センター 年報14』2006/07
(全86ページ、附録資料『土方巽 舞踏譜の舞踏』DVD)
Artcenter_7
 慶応義塾大学アート・センターが2006年から07年にかけて行なった事業を詳しい資料とともにまとめた論集と報告集である。内容は、現代美術作家のインスタレーションやアースワークスのためのエスキスのアーカイヴ化から、学内で所蔵する美術作品の修復プロジェクト、学外の主に美術館などのアート施設とのコラボレーション・プロジェクト、ワークショップの記録が詳細に採録されている。特筆すべきは、単に企業や大学などのいわゆる「事業計画・報告書」とは異なり、プロジェクトが進行していく過程で記録されたメモやスケッチなど、本来は完成されたステージでは目に触れることはないであろう資料も多数採録されていることである。
 近年、わが国の歴史・文化教育においては、例えば国会図書館のオンライン化に始まり、国文学研究資料館などがアーキヴィスト養成講座を毎年開講したりと、資料の保存・管理・修復に関する事業、すなわち「アーカイヴ」事業が徐々にではあるが浸透してきた印象があったが、芸術の分野、特にモダニズム以降の芸術作品、芸術表現のアーカイヴ化については前者と比べて大きく遅れをとってきたのも事実である。
 それにはいろいろと理由は考えられるが、芸術作品は、パーマネントに完成した「作品」が表に出るのであって、そこに至るまでの経緯のさまざまな痕跡は、せいぜいデッサンやエスキス、またはドローイングぐらいにしか価値を求めてこなかったという背景もある。だから例えば、作家が何かを着想してノートの切れ端に書いたメモや、作家が作品制作のために取材に行った際の宿や交通機関のオーダーの記録といったものは、作品とは直接関係のないものと見なして、資料から除外されるか知らぬ間に紛失している場合も多いのである。
 しかし、この論集の中でも各論者がたびたび主張しているように、アートという行為そのものがトータルでみた場合、アーカイヴそのものであり、アーティストそのものがアーキヴィストであるとするならば、作品や作家活動全てにかかわるあらゆる記録が構築されてこそ、その芸術作品の背景を初めて深く理解することができるのではいかと思うのである。
 このことを広く社会に向けて理解してもらうことはなかなか難しく、時間がかかるであろう。なぜならば、今まで完成された芸術作品だけを鑑賞してきた多くの人々は、その“完成された作品”という部分の時間だけを切り取って、そこに価値を集中して見る習慣がついているからである。しかし、その悪しき習慣から脱却して、より作品と深く付き合ってみようと思った時に必要になってくるのは、アーカイヴの理念を理解することと、そして実際の作品のアーカイヴなのである。
 この論集の附録であるDVD『土方巽 舞踏譜の舞踏』は、アーカイヴというものの存在、学問的意義を初めて理解するためには非常にコンパクトに編集された良い資料である。この資料は、舞踏家・土方巽の仕事のすべてを、1959年作品の『禁色』から追っていったものである。土方の舞踏メソッドはもちろんの事、作品を構想する過程で記録されたスケッチやエスキスも収録され、それを見れば土方がフランシス・ベーコンやベルメールの作品にいかに身体的に影響を受けてきたかも一目瞭然なのである。また、土方の仕事の歴史を追うことは、わが国における暗黒舞踏の歴史や、それらの芸術表現と深く関わっていた現代美術やパフォーミング・アーツの骨子を俯瞰することもできるであろう。そしてその一連の流れの中で、土方がいかにアンチ・モダニストであったかをあらためて理解することができると思う。

『慶応義塾大学アート・センター 年報14』2006/07
目次
序文「アーカイヴをアーカイヴする」前田富士男
論考「建築アート・アーカイヴの可能性」渡部葉子
論考「舞踏の形式についてⅣ.1976方法」森下 隆
論考「エスノ・アートの交錯再帰的変化とオーストラリア先住民系アートの一局面」宮坂敬造
年次企画 新入生歓迎行事「舞踏公演《記憶の海》」
年次企画 研究講演会「〈わが最良の友〉たる芸術家-バックミンスター・フラーとイサム・ノグチ」
年次企画 アート・アーカイヴ資料展「ノートする四人-土方、瀧口、ノグチ、油井」
年次企画 レクチャー&ディスカッション「アーティストはアーキヴィスト!」
受託/共同事業 港区アート・マネジメント実践講座「入門編+ワークショップ」
共同事業 横浜美術館との協同プロジェクト「美術館広報ワークショップ」
講座 「アート・マネジメント・エキスパート・セミナー
    フォローアップ・セミナー2006」
研究会 アート・マネジメント教育研究会
研究会 感の生成研究会
研究会 トランス文化の位相研究会
調査 慶応義塾所蔵作品調査・保存活動
1.朝倉文夫《藤原銀次郎胸像》設置改善処置
2.岩田 健《少年像》の洗浄保存処置・移設
3.北村四海《手古奈》の修復
プロジェクト ORC
アーカイヴ 土方巽アーカイヴ/瀧口修造アーカイヴ/ノグチ・ルーム・アーカイヴ/油井正一アーカイヴ
記録 受贈資料一覧
記録 所管資料貸出一覧
記録 活動実績
記録 刊行物/人事
記録 会議
記録 研究・教育活動業績

附録DVD『土方巽 舞踏譜の舞踏』(日英バイリンガル版)
Hijikatadvd
第1章「土方巽と舞踏」
第2章「舞踏譜の舞踏の始まり」
第3章「舞踏譜の舞踏の完成」
第4章「舞踏譜と舞踏世界」
*土方巽の貴重な舞踏資料の他に、作品の構想のためのスケッチ集「なだれ飴」、「神経」、「花」なども収録されている。

| | Kommentare (1) | TrackBack (0)

28. Oktober 07

【書籍】前田富士男編「心の探究者としてのパウル・クレー」

Klee
 この論集は、2006年2月10日に、慶応義塾大学三田キャンパスで開催された国際シンポジウム「心の探究者としてのパウル・クレー」における、内外の研究者らの研究発表をまとめたものだ。このシンポジウムを主催したのは、慶応義塾大学の「心の統合的研究センター」である。これは文科省による「21世紀COEプログラム」に選定されたプロジェクトの1つである。
 慶応義塾大学は、このほかにもアートセンターや、特に近年では森下隆氏らがすすめている土方巽アーカイヴなどの活動を見てもわかるように、“開かれたキャンパス”づくりに力をいれている。これは、大学に帰属する知的財産は誰のものか? ということを考えた時に、それを前世紀の大学のように、自分たちだけでありがたがって独占するのではなく、“知的共有財産”として、内外、在野のすべての研究者らに門戸を開く、という学問的理念から立ち上がった結果であると思う。
 最近では、電車や駅の構内で、大学のオープンキャンパスのポスターを見かけるのは珍しくもなくなったが、慶応の場合、まだアーカイヴやその専門職であるアーキビストという言葉や概念が一般的に認知される以前から、このようなことに一貫して試みてきたわけで、10余年を経て、それがようやく少しずづ形になりつつあるのではないか。
 さて、この論集の内容だが、まず巻頭からカラー図版が豊富である。次いで、各論者の論文が続くが、論文は、そのほとんどが和文と独文併記である。ドイツ語学習者中級程度なら、楽しんで読むことができる。特に、クレーの評伝から彼の魂の領域まで迫ったケルステンの論文は、独文の原著で読むことをお勧めする。

前田富士男編「心の探究者としてのパウル・クレー」(慶応義塾大学 心の統合的研究センター)
【目次】
1)前田富士男 ゲシュタルトと連想-「心の探究者としてのパウル・クレー」のためのスケッチ」
2)行場次朗 心のデザイン」モデルに基づくクレー作品の考察
3)真壁宏幹 パウル・クレーと児童画-共感覚と“シンボルの受胎”
4)三脇康生 アート・戦争・精神医療-クレーの教えるもの
5)Reto Sorg Von der pathetischen zur kühlen Romantik.  Die Kunst der >Bewegung bei Aby Warburg, Carl Einstein und Paul Klee.
6)野口 薫 ゲシュタルティストとしてのパウル・クレー
7)奥田 修 「超次元的な根源の映出」としての芸術-パウル・クレーのオカルティズム
8)Wolfgang Kersten Paul Klee-Bilder der Seele

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)