« 【舞台】シアター・ブロック公演Vol.31『昔話と狂言 オマージュTOSHIHIRO HAYANO』(2011年3月27日,ザムザ阿佐ヶ谷) | Start | 【映画】団鬼六原作/石井隆監督『花と蛇』(杉本彩主演) »

23. April 11

【アート/写真】田中茂『避難所になった宮城・女川原発』(「週刊文春」4月14日号巻頭グラビア)

Photo

 厳重な警備がなされている通用門と、緩い勾配の坂道を登っていく大型車両。そこに、警備の人間とは対照的に軽装のいでたちの2人の人物が、日用品を手に持って同じ坂道を登っていくというなんとも不思議な光景。そして、その坂道を登った先の高台には原子力発電所がある。
 この光景をとらえたのは、「週刊文春」4月14日号を巻頭グラビアで飾った1枚のモノクロのドキュメンタリー・フォトである。撮影者は田中茂記者となっている。
 私は田中茂記者の他の作品は見た事はなく、この作品も連作の中の1枚なのかも定かではない。しかし、非常に緊張感あふれる構図の中で、まるで“家路”へ向かって歩いて行く様な2人の人物の後ろ姿が、他の多くの被災地とは隔絶された一瞬の日常的雰囲気を作っている点に強い印象が残る作品である。
 この作品で作られるコントラストはシュルともやや異なる。私がこれまでに感じた似たようなものの記憶を辿れば、それはデイヴィッド・リンチが『ツインピークス』で描いたパッカード木工所周辺の辺境のスモールタウンといったところか。

 撮影の舞台となっているのは、今回の地震と大津波で最も甚大な被害を受けた宮城県の女川町という小さな漁撈集落にある女川原子力発電所である。この震災では、一般家屋はもとより、多くの公共施設、他の発電所、インフラが甚大な被害を受けるなかで、この女川の発電所だけは大きな事故を起こすこともなく無事だった。そのために、震災直後から近隣住民の避難所となっている。「週刊文春」の記事によれば、他の避難所よりも暖かく、しかも津波も来ないから安心だとして、この発電所へと移動してくる被災者もいるとのことである。
 極めて大衆的な心情として、わが国が被爆国であるという事から、原子力技術そのものが、それを口に出す事も憚れるように忌み嫌われてきた経緯がある。そしてその技術を擁するこの空間も、本来は人間を絶対に寄せつけない。にもかかわらず、今家を失った多くの避難民たちがこの修羅の門をくぐり、ここに辿り着いたのである。
 田中記者が写した1枚のドキュメンタリー・フォトは、この状況を目にした時に多くの人々が抱くであろう複雑な心境すら静かに洗い流してしまう様な、小さな漁撈集落の人々の生きる強さを感じさせる作品である。
 “家路”を急ぐ2人の道の先には何があるのか、そういった想像力をかきたてるのだ。

|

« 【舞台】シアター・ブロック公演Vol.31『昔話と狂言 オマージュTOSHIHIRO HAYANO』(2011年3月27日,ザムザ阿佐ヶ谷) | Start | 【映画】団鬼六原作/石井隆監督『花と蛇』(杉本彩主演) »

アート」カテゴリの記事

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204825/51475196

Folgende Weblogs beziehen sich auf 【アート/写真】田中茂『避難所になった宮城・女川原発』(「週刊文春」4月14日号巻頭グラビア):

« 【舞台】シアター・ブロック公演Vol.31『昔話と狂言 オマージュTOSHIHIRO HAYANO』(2011年3月27日,ザムザ阿佐ヶ谷) | Start | 【映画】団鬼六原作/石井隆監督『花と蛇』(杉本彩主演) »