« 【映画】 齊藤潤一監督『平成ジレンマ』(2011年,配給・東海テレビ) | Start | 【舞台】シアター・ブロック公演Vol.31『昔話と狂言 オマージュTOSHIHIRO HAYANO』(2011年3月27日,ザムザ阿佐ヶ谷) »

21. März 11

【コラム】「東北関東大震災」,その呼称をめぐる「言葉」と「身体」

 2011年3月11日に発生した戦後最大級の大地震と津波は,東北,北関東という広い地域に甚大な被害をもたらした。この大地震は今のところ,「東北関東大震災」,「東日本大震災」,「東北地方太平洋沖地震」と呼ばれている。かつての阪神大震災や中越地震とは異なり,あまりにも被害地域が広い。それゆえにこのような名称が付与されたのであろう。
 その中で,私がこのコラムの表題で主にNHKが採用している「東北関東大震災」を使用したのは他でもない,この震災を,当事者性を持って受け止める為である。

 日本国内で大災害が起こった時,それが東京から離れていれば離れているほど,東京人にとっては他人事に映る。日本の中枢機能が集結した帝都東京は,どんな事があっても潰れないという神話的な都市伝説に覆われている。それを一瞬だけ覆したのが1995年に東京都心で同時多発的に起こったカルト集団オウム真理教による「地下鉄サリン・テロ」であるが,これも,まさに喉元過ぎれば熱さ忘れるという状況で,今現在も当時の様に防災グッズを枕元に置いて寝ている人は少ないであろう。こういう状況の中で起こったのが今回の「東北関東大震災」なのである。

 かつて阪神大震災が起きた年,パロディストのマッド・アマノが今見ても非常にインパクトの強い作品を制作した。それは東京23区の地図の作品である。一瞬見ただけでは何の変哲も無いただの地図であるが,よく見ると,23区の江東区,江戸川区あたりのエリアが,阪神大震災で最も被害が甚大であった灘区,長田区,御影町の地図と部分的に入れ替わっているのである。
 私はこの作品を見た時に,一瞬だが背筋の寒い思いをした事を今でも身体的に記憶している。江東区周辺は海抜ゼロメートル地帯であり,もし今回の様な大津波が来たとしたら,おそらく今のままの防災体制では町全体を防衛できないであろう。マッド・アマノの作品は,今思うとそれを予見するような作品であった。

 そして今回の大地震を,「東日本大震災」,または「東北地方太平洋沖地震」ともし呼ぶならば,停電と,東北地方と比べて僅かな死傷者だった東京は,まだ幾分だが感覚的には他人事でいられたわけである。しかしそれを「東北関東大震災」とあえて呼ぶ事で,途端にこの震災の大きさが身体性を持ってのしかかって来るのである。
 津波で集落の2つ3つが一瞬にして消失するなど,まったく想像し難い。あまりにも多くの死者の人数は,それをリアリズムを持って捉える事も困難である。
 この大地震が来る一週間前,私は長年懇意のあった知人を癌で亡くしたが,この知人と同様に,震災で亡くなった1万人以上の方々にはそれぞれの人生模様があり,歴史があったわけである。しかし,それを理解し,知ろうとするにはあまりにも数が多すぎて,1人の人間の頭で想像する許容量を超えてしまっているのである。
 そして何よりも,首都東京の下層を神経の様に複雑に這うインフラが,電力も含めてかなり多くの部分で近隣他県からも享受されていた事にあらためて気づく。
 特に,原子力発電所の被災による幾多のデマでパニックになった都民を見ていると,マッド・アマノの作品を突き付けたくなる。テレビでは原子力発電所の被災の様子を刻々と伝え,それを見て右往左往する都民が多くいるが,彼らの口からは,“原発の町”とともに生きてきた地域住民の気持ちや,復興後の原発界隈の地元経済,観光について心配するような意見はなかなか聞かれない。
 今まで他所に多大なるリスクを負わせて享楽的に発展してきた「東京」というインテリジェンスが,まるで「病」に侵された箇所だけを切除して,自分だけは生き残ろうとするような,ある数の冷たさを感じてしまったのも事実である。それに対し,私に何ができるかと考えた時,せいぜい以前から所有していたガイガーカウンターで朝晩の放射線量を測定し,そのデータをネットにあげて近隣の友人達を安心させる事。それから,原発の修理が終わって被災地が復興したら,そこを観光で訪れる事ぐらいしか出来ない。

 ということで,最後に,近年熱海の町づくり,町興しに関わってきた者として,“原発の町”女川(宮城),双葉町(福島)の復興を願い,観光案内をして終わりにしたいと思う。
 
 宮城県女川町は,風光明媚なリアス式海岸に囲まれ,牡蠣,ホタテ,銀鮭などの養殖が盛んな漁師町である。町のいたるところには良質な温泉がたくさんあり,この眺めは熱海の伊豆多賀の風景を彷彿とさせる。また,眼下に広がる海は全国のアングラーにとっても絶好の釣りスポット。釣りビギナーでもアイナメ、メバル、タナゴを釣って楽しむ事ができ,町内にも多くの釣具店がある。
 観光スポットとしてお薦めなのは,水産観光センター「マリンパル女川」。ここでは女川の水産業のPRの他に,海洋をテーマとした生物多様性について広い知識を得る事もでき,夏休みの自由研究には最も相応しい場所である。また,ここに併設されたフードコーナーでは女川の水産加工品を食べる事もできる。

 福島県双葉郡の浜通りは,JRが「グルメ街道」として売り出すほどの,知る人ぞ知る食べ歩きスポット。カレイ,ホタテ,その他港で水揚げされた海産物が並び,この光景は熱海網代の干物銀座の様な賑わい。そしてもちろん周辺には良質の温泉が限りなくある。特に,近年映画『フラガール』で有名になったいわき市界隈には老舗旅館が立ち並び,毎年開催される町の観光プログラム「いわきフラオンパク」では,多岐にわたる体験プログラムで町の歴史,伝統,民俗まで見聞を広げる事が出来る。

 ここに紹介した施設,イベントは,現在は多くが被災している。しかし,復興した町の姿を想像しつつ,あえてこのような文章を書いてみた。
 原発の修理が完了し,安全宣言が出て,町に人々が戻って復興が始まったら,私は大勢でこの原発の町を訪れ,震災復興「福島・宮城温泉巡り+釣り・食い倒れ+女川原発見学」オフを決行し,かつての被災地で豪遊する予定である。

女川町公式
http://www.town.onagawa.miyagi.jp/maintop.html

マリンパル女川
http://www.marinepal.com/

女川原子力PRセンター
http://www.tohoku-epco.co.jp/pr/onagawa/index.html

双葉町商店街公式
http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/futaba/guide/shop/

にほんブログ村(福島県双葉郡)
http://chiiki.blogmura.com/fukushimaken/07545.html

福島県浜通り日帰り温泉
http://www.nextftp.com/terasawa/fukusima-hamadori-spa.htm

いわきフラオンパク
http://iwakihula.onpaku.com/

|

« 【映画】 齊藤潤一監督『平成ジレンマ』(2011年,配給・東海テレビ) | Start | 【舞台】シアター・ブロック公演Vol.31『昔話と狂言 オマージュTOSHIHIRO HAYANO』(2011年3月27日,ザムザ阿佐ヶ谷) »

コラム」カテゴリの記事

メディア・ジャーナリズム」カテゴリの記事

Kommentare

阪神淡路大震災は兵庫県南部地震が引き起こした災害です。地震の名称と災害の名称は別です。

Kommentiert von: kkb | 21. März 11 um 16:41 Uhr

はじめまして。
「言葉」から受ける感覚は大きいですね。
震災後、原子力発電についていろいろ調べていたら、「日本原子力文化振興財団」なる財団法人があることを知りました。
「原子力」のあとに「文化」が付いているのが個人的に新鮮でした。
出版物に原子力文化ブックレット3「日本人にとっての『生、老、病、死』」なんてのがあって、思わず読んでみたくなりましたw

話変わって、津波で甚大な被害を受けた三陸。
その三陸の牡蠣養殖業者の再起を支援しようというプロジェクトが立ち上がっています。
1口1万円でオーナーになって牡蠣が育つのを待とうというもの。
↓ご興味がおありでしたらご覧ください。
ttp://www.sanriku-oysters.com/index.html

お邪魔しました。

Kommentiert von: かつらぎ | 07. April 11 um 00:20 Uhr

かつらぎ様

貴重な情報を下さり、ありがとうございました。

まず、
>出版物に原子力文化ブックレット3「日本人にとっての>『生、老、病、死』」なんてのがあって、思わず読んで>みたくなりましたw

これは私も興味あります。
それから、「原子力」という文言に「文化」という言葉が付与されている事も、一瞬奇異な感じもしますが、原子力技術は何も原子力発電に限定されたものではなく、医用核分野も含まれるわけです。

それらをめぐる現代的技術を横断する「文化」は当然存在しますね。

例えば、千年に1度の貞観津波に耐える設計思想だった女川原子力発電所と、女川集落をめぐる津波、地震の民俗伝承の関わりについては、より興味深いところでもあります。

それから、
>その三陸の牡蠣養殖業者の再起を支援しようというプロ>ジェクトが立ち上がっています。
>1口1万円でオーナーになって牡蠣が育つのを待とうと>いうもの。
↓ご興味がおありでしたらご覧ください。
ttp://www.sanriku-oysters.com/index.html

こちらの復興支援情報はツイッターのほうにも掲載させていただきました。
ありがとうございます。

Kommentiert von: 井上リサ | 07. April 11 um 14:13 Uhr

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204825/51179250

Folgende Weblogs beziehen sich auf 【コラム】「東北関東大震災」,その呼称をめぐる「言葉」と「身体」:

« 【映画】 齊藤潤一監督『平成ジレンマ』(2011年,配給・東海テレビ) | Start | 【舞台】シアター・ブロック公演Vol.31『昔話と狂言 オマージュTOSHIHIRO HAYANO』(2011年3月27日,ザムザ阿佐ヶ谷) »