« 【アート】惑星探査衛星「はやぶさ」のラストショット~地球か、何もかも、皆懐かしい…… | Start | 【映画】 岩名雅記監督『夏の家族』(2010・UPLINK X) »

27. Juli 10

【書評】『サイトカインハンティング―先頭を駆け抜けた日本人研究者たち―』(京都大学学術出版会)

Photo

 ここ近年,相次いで日本人ノーベル賞学者が誕生したり,先頃の惑星探査衛星「はやぶさ」による世界的快挙などもきっかけで,わが国の科学技術に対する関心が高まっている。NHKが戦後の日本の半導体技術開発を追ったドキュメンタリー『電子立国日本の自叙伝』を放送したのが今からちょうど20年ほど前。この時代は日本のリベラル悲観論者達からは「失われた10年」などと言われつつも,わが国の科学技術,産業技術はグローバル・スタンダードの中で常に高い水準を保ってきた。この時在欧中だった私のもとにも,世界を席巻するジャパン・ブランドの勢いは十分に伝わってきたのである。
しかしこれは何も今日的に達成されたものではなく,例えば麻生太郎の著書『とてつもない日本』(新潮新書)の中でも述べられているとおり,古来よりわが国が連綿と紡いできた技術,伝統,文化の絶え間ない蓄積により形を成したものなのである。
 医学の分野も例外ではない。戦後直後の1950年代から,わが国は再び目覚ましい発展を遂げていく。しかし残念ながら戦時中の資料の中には紛失,焼失してしまったものも多く,この事が,多岐に及ぶ医科学研究分野を近・現代史として俯瞰する際の困難な状況を生んでいる。
 本書『サイトカインハンティング』は,免疫学の分野で世界の最先端のフィールドで戦った,いわば先駆的メジャーリーガーみたいな日本人科学者達の物語である。

 表題にあるサイトカインとは,免疫細胞から分泌されるタンパク質のことで,これまでに数百種が発見されているが,今日の研究者たちによっても新たな物が続々と発見されている。サイトカインの研究は,いわば密林をかき分けて新種の昆虫を発見しに行くような途方もない行為であり,これを追い求める医学者達の目が,時としてハンターの目に豹変するというのは容易に想像がつく。

 免疫学分野は先に挙げた産業開発技術に比べると,抽象的すぎて一般的には馴染みが薄いかもしれない。しかしその概念の歴史は古く,「牛痘法」で有名なジェンナー(Edward Jenner, 1749-1823)の時代にまで遡る事が出来る。
 1796年,ジェンナーは,生まれ故郷のグロスタシャーの農村地帯で古くから農民の間で伝わる伝承――すなわち,「牛痘に一度罹った者は,それより重い天然痘には罹らない」というものを科学的に実証するために,牛痘患者の牛痘疱から採取したリンパ液を健康な少年に接種し,その効果が確認されると,村人に集団接種を行った。そして彼が表した有名な書物が『牛痘の原因及び作用に関する研究』(An Inquiry into the Causes and Effects of the Variolae Vaccinae)である。これがワクチンの始まりである。

 興味深いのは,ジェンナーの発想の源泉が,科学とは程遠いはずの民間伝承を契機としたものであるという事である。わが国においても和名に充てられた「疫」という字は,かつて各地の村落共同体で伝承されていた疱瘡神信仰をも含む「疫病神」と同じである。村落共同体では「病」をカミサマとして祀る事で「病」封じを行った。年に一度の「祭り」では,その「病」のカミサマと交わる事が,いわば「通過儀礼」=すなわち,ワクチネーションであったのだ。それを思えば壮大な物語性をもって捉えることも可能である。

日本インターフェロン・サイトカイン学会編
『サイトカインハンティング―先頭を駆け抜けた日本人研究者たち―』
(京都大学学術出版会)
【目次】
第1章 プロローグ
第2章 インターフェロン
第3章 インターロイキン-2
第4章 インターロイキン-3,-4,-5
第5章 インターロイキン-6
第6章 IL-12とIL-18
第7章 ケモカイン
第8章 G-CSF,Fas
第9章 遺伝子改変マウス

----------------------------------------
【お知らせ】
twitterをはじめました。こちらでは政治家、経済専門家、医師、ジャーナリストらの皆さんと、わが国の外交、防衛、政治・経済、医療行政について討論をしています。

http://twitter.com/JPN_LISA
---------------------------------------- 

|

« 【アート】惑星探査衛星「はやぶさ」のラストショット~地球か、何もかも、皆懐かしい…… | Start | 【映画】 岩名雅記監督『夏の家族』(2010・UPLINK X) »

京都大学」カテゴリの記事

医学史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

論文紹介」カテゴリの記事

Kommentare

いつも楽しく観ております。
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Kommentiert von: 共和党支持者 | 18. September 10 um 10:29 Uhr

共和党支持者様

『サイトカインハンティング』書評をご高覧いただき、ありがとうございました。
「はやぶさ」君の快挙で多くの国民がわが国の科学技術に目を向ける機会が増えていますが、ぜひ医科学分野の基礎研究にも興味を持っていただきたいです。

以下の本もお薦めです。
蓮実香佑『おとぎ話の生物学』(PHP)
マーク・プロトキン/屋代通子訳『メディシン・クエスト』(築地書館)

Kommentiert von: 井上リサ | 19. September 10 um 18:12 Uhr

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204825/48992638

Folgende Weblogs beziehen sich auf 【書評】『サイトカインハンティング―先頭を駆け抜けた日本人研究者たち―』(京都大学学術出版会):

« 【アート】惑星探査衛星「はやぶさ」のラストショット~地球か、何もかも、皆懐かしい…… | Start | 【映画】 岩名雅記監督『夏の家族』(2010・UPLINK X) »