« März 2010 | Start | Mai 2010 »

April 2010

29. April 10

【映画】パク・シンホ(朴信浩)監督『かん天な人』、『てんせいな人』~韓流アンダーグラウンドのハードエッジ(2010年4月26日、渋谷UPLINK)

Photo

 今からちょうど10年ほど前、イメージフォーラムでキム・ジウンという韓国人監督による問題作『Bad Movie』が試写で上映された。スラムにたむろする不良たちがおやじ狩りや障害者狩りをして盛り上がる、というとてつもない内容である。しかもどこまでがフィクションなのか、そしてどこからがドキュメンタリーなのか分からないようなメタ構造となっており、映画撮影中に警察に捕まったり行方不明になるスタッフも続出という触れ込みの作品であった。これを契機に、アジアに新しいアンダーグラウンド・シーンが起こるのではと少々期待はしたのだが、その後に押し寄せた、かつての大映映画の焼き直しの様なメロドラマに席巻されて、韓流地下映画はすっかり影も形も無くなってしまったのだ。
 あれから実に10余年。こんな前衛的な監督が、日本という地の地下に潜伏していたとは、世の中まだまだ知らない事ばかりだ。このような作品と出会うたびに、人生とはまさに楽しむべきものだとつくづく思うのである。

 今回、話題になりながらもなかなか上映の機会がなかった『かん天な人』、『てんせいな人』(ACT FACTORY TOPIX)を手掛けたパク・シンホ監督は、いわゆる在日である。この二つの作品も、韓国、北朝鮮、日本というそれぞれの立場で揺れ動いていた頃のパク監督の心象風景と寓話からなる実験的作品だ。そしていずれも、在日の帰化問題や外国人参政権、それから韓国民潭と朝鮮総聯の長きにわたる抗争といったタブーを掘り下げている。それでいながらイデオロギー的ではない。
 パク監督自らが、「これは政治映画ではなくエンターテインメント映画。製作費がもっとあれば『レッドクリフ』みたいな殺陣もやりたかった」と言うように、政治的なものをモティーフにしながらも、それをはるかに超えたところで「作品」として成立しているのである。見ようによっては非常に前衛的な実験映画にも見えるし、あるいはブレヒトの様な不条理劇にも見えてくる。
 パク監督の作品の中にこのようなものを感じるのは、パク監督自身が、南北問題、あるいは日韓問題で起こる様々な感情を、長い年月をかけてすでにアウフヘーベンしているからに他ならない。反対に言えば、ここを超えなければアートの領域には一向に達しない事を監督自身がよく認識している。もともとは舞台が活動の中心であったパク監督は、脚本だけでも3年間煮詰めたそうである。その煮詰まったテクストは禁欲的な装置を背景にして、肉体言語として映像に現れるのである。

 『かん天な人』は、元在日で、北朝鮮による日本人拉致被害者救出運動を行っている国会議員・荒木勝竜と、彼を政治家として敬愛する藤原武雄という日本人青年の物語。冒頭で藤原が、演説中の荒木を暗殺しに来た朝鮮聯盟(明らかに朝鮮総聯をモデルにしている)の工作員の凶弾に倒れるところから物語は始まる。表題にもなっている「かん天」とは、神からのミッションを受けて地上に降りた天使の事。藤原は、ボーダー・ホスピタルという、いわば関所のような空間で、そこの番人から、このまま死を受け入れるか、「かん天」となって、自分が下界で果たせなかった事に再チャレンジするかを尋ねられる。
 このボーダー・ホスピタルという空間設定がなかなか面白い。まだ完全な死者とは言えない藤原が置かれたアンバランスな立場が、パク監督自身の心象風景や半生と繋がるのである。しかしそれは、しばしばありがちなネガティヴで憎悪に満ちた感情が充満した空間ではなく、ありのままの情況を細密に描いた素描のようなものだ。少し目の粗いキャンソン紙に木炭で描かれた様なモノクロームの空間は、それを見る我々の中にも蓄積された偏見やフィクションと、強いコントラストを持って超然と対峙しているのである。つまりこの空間は、藤原にとってもパク監督にとっても、そして我々にとっても、アウフヘーベンという行為を突きつけられた厳しい空間なのだ。例えばブレヒトは、肉体言語の集積と解体でそれをやり、ドーフマンは1本の「線」にそれを託したわけである。
 このような舞台空間で藤原はボーダー・ホスピタルの番人と、「答え」のけして出ない問答を繰り返すのである。そして藤原に与えられたミッションは、「かん天」となって、しがない会社員・平一造の身体を借り、自殺志願者を救う事なのだ。そして全てのミッションが完了したら、荒木勝竜との再会が果たせるというものである。
 藤原がミッションで出会う自殺志願者の事情は様々。中野区在住のパク監督が、自らのホームグラウンドである中野の路地裏や雑踏で繰り広げる人間ドラマは、普段我々が気にも留める事もないような無名の人々の断片にすぎない。彼らの事はしばしば「一般市民」、または「一般人」という曖昧な枠組みで括られるが、ひとたび彼らの視点に立ってものを考えた場合、皆それぞれに、当事者にとっては“一般的”とは言えない事情を抱えている。
 これは、例えば臨床医の立場から見たら全く同様の症例が手元にあるとして、だがしかし、それが個別の当事者にとってはそれぞれ異なったものに見える、という情況と同様である。この視点のずれ、差異が、舞台出身のパク監督の人間観察に表れているように考えさせられた。
 不条理な情況が反復するこのような空間で厳しいミッションをこなす藤原は、果たして荒木勝竜との再会を果たせるのかはここではあえて触れない。そのプロセスまでの出来事をも含めて藤原武雄という一人の男の人生について見て欲しい作品である。

 『かん天な人』と同時上映された『てんせいな人』は、『かん天な人』から何十年も時が経過している世界で描かれるドラマである。ここでもあの藤原が、ボーダー・ホスピタルで不条理な審判にかけられる。今度は女性の番人と、長い机を隔てて問答が繰り返される。その長い机の上には2つの領域を仕切る様に布がかけられており、これは、ドーフマンの戯曲『THE OTHER SIDE/線のむこう側』で演出家・ソン・ジンチェクが作った舞台空間をも彷彿とさせるインスタレーションである。この映画のもっとも象徴的なシーンであり、実は『てんせいな人』の中には様々なボーダーラインがメタ構造で仕掛けられている。
 時代背景は近未来、しかし現代とさほど変わらない空間で、フィクションと実録が交差しているのである。ここで番人の許しを得て人間界に再び戻った藤原は、姿を変えて人間界に身を置くこととなる。この時代は一見すると南北問題や日韓問題はすでに過去のものとなり、非常に牧歌的な空気が漂っているかに見えたが、「外国人参政権」というまさに今日の我々にとっての実録的コンテクストが大きな「楔」を打ち込んでいるのである。
 「外国人参政権」に反対、賛成、双方の論客を集めての討論会のシーンでは、アンカーマンとして桜井と名乗る市民運動家の男が登場する。この桜井という男を演じているのは、実は桜井誠という実在の市民運動家自身なのである。そして、映画の中に登場する「在日特権を許さない市民の会」(在特会)という市民団体も、実在の市民団体であり、現在も「外国人参政権」反対の立場で市民デモや街頭演説の活動を続けている。ここで我々が見せられている映像は、フィクションとしてスクリーンに映し出される「在特会」の幟や桜井誠なのだが、一方で、You Tubeや、ニコニコ動画、あるいは海外ニュース映像などで実録として流される「在特会」の幟や桜井誠の姿も、デジタル映像の記憶の中ではフラット化される。つまり、映像そのものがボーダーを超えてしまっているという現象が起こるのである。
 このパク監督の、実にインタラクティヴな映像の仕掛けは、かつて、「ドキュメンタリー」という言語自体に疑いを持っていた佐藤真が、『阿賀の記憶』や『阿賀に生きる』で試みた、「ドキュメンタリー」の言語そのものを解体していく行為に通じるものがある。佐藤真は、『阿賀の記憶』の中で、かつて第二水俣病が発生して取り残された辺境の集落の人々の生活を記録しながら、最後は森の中に設置したスクリーンにその映像を投射し、それも含めて『阿賀の記憶』という映像作品に収めたのである。パク監督の『かん天な人』が肉体言語によりボーダーを超える試みならば、『てんせいな人』は、映像言語によってボーダーを超えていく試みではなかったのかと思える、前衛的にして興味深い作品であった。

■ACT FACTORY TOPIX『かん天な人』、『てんせいな人』公式ブログ
http://kantennahito.blog.shinobi.jp/

----------------------------------------
【お知らせ】
twitterをはじめました。こちらでは政治家、経済専門家、医師、ジャーナリストらの皆さんと、わが国の外交、防衛、政治・経済、医療行政について討論をしています。

http://twitter.com/JPN_LISA
----------------------------------------    

| | Kommentare (2) | TrackBack (0)

22. April 10

【パーティー】日本発,「ティー・パーティー」は草の根保守のムーブメントを起こせるか

02_2

01

03

写真は4月18日,池袋の猫カフェ貸し切りで開催された「猫もふ」ティー・パーティーの様子(撮影=井上リサ)

 5月6日に投票日を迎えるイギリス総選挙は,ここへきてじわじわと盛り上がりを見せている。その主役はイギリス自由民主党党首のニック・クレッグだ。
 これまでの自民党は,労働党と保守党の二大政党の陰に隠れた第3政党のポジションであった。しかしその前身の歴史は古く,産業革命時代に王位継承問題でトーリー党と対立したホイッグ党が自民党の前身である。シンボルカラーは金,黄,黒。TVの党首討論でクレッグ党首は必ず黄色や金色のネクタイを着用して登場する。
 自民党は,先日の3党首による第1回TV討論でも高いポイントを得て,これ以降支持率が急増し,4月21日現在,遂に労働党を蹴落として保守党に迫る勢いである。今まで政治に無関心だった英国民たちの中には“I agree with NICK”というTシャツを着たクレッグ・マニアなる人たちも登場した。
 このムーブメントを起こしているのが,いわゆるティー・パーティーと言われる草の根保守運動だ。そして保守党もこれに負けじとロンドン郊外にまでティー・パーティーを展開しており,労働党の票田の切り崩しに出ている。各党が国民と対話するオフラインの場でもアグレッシブな政策論争を展開しており,今までは安定した二大政党制の下で今ひとつ政治に無関心だった英国民をも巻き込んでいるのだ。
 ティー・パーティーの歴史は古く,その発祥は,1773年にイギリスが制定した茶税に関する法律に反対したボストン市民が行った一連の抗議行動から名づけられた市民運動である。それが現在では草の根保守の市民運動に対し、このように呼ばれるようになった。パーティー(Party)とはある共通する属性の集まりのことで、もちろん政党の事もパーティーと呼ばれる。最近では米共和党の反オバマデモ全米キャラバンで注目を集め,それが総選挙を控えたイギリスの保守党,自民党のオフライン活動にも波及したかたちだ。

 一方で日本はというと,今年になって,この英米発のティー・パーティーと言えるような草の根保守運動が,にわかに広がりだしている。そのきっかけとなったのは自民党の企画した『みんなで行こうZE!』という国民集会であろう。これは自民党の国会議員が地元の産業や文化,あるいは自分の活動と関係の深い施設などを一般国民とともに散策し,そこで食事やお酒を楽しみながら政治経済に限らずいろいろな会話をして連帯を広げる,というものである。対象はあくまでも一般日本国民であって,党員に限られたものではない。先月,馳浩衆議院議員が主催した『プロレス的政治論~日本のスポーツ振興を考える』と題した全日本プロレス観戦ツアーも盛況であった。
 実はこの『みんなで行こうZE!』という企画が立ち上がった時に私は,米共和党党員とドイツ自民党党員の友人,それからイギリスの大学で国際政治を研究している知人に向けて,「日本でもこんな事をやる政党がでてきた」と情報を送ったところ,彼ら全てが「それはやがて政党の手を離れたティー・パーティーに発展していくだろう」と予測していたのだ。
 そして彼らの予測通り,このティー・パーティーは草の根保守運動として緩やかな連帯を築きながら広がりだしている。まずその象徴的だったのは,池袋サンシャイン・クルーズで開催された経済評論家・三橋貴明の後援会発足パーティーである。ここに集まったのは,まさしく“一般国民”であった。

Photo

写真は3月21日に両国国技館で開催されたプロレス・ティー・パーティー
http://ringer.cocolog-nifty.com/kunst_und_medizin/2010/03/321-172a.html
(撮影=自民党広報部)


 従来,このような集まりは地縁,血縁,利権などで結ばれた者たちが義理で集まり,大抵は名刺交換と後援会パンフレットを配って終わるのだ。規模の小さなタウンミーティングにしても,あらかじめ自分のシンパに声をかけて“仕込み”を済ませておく。しかし,このサンシャイン・クルーズで開催されたパーティーに集まった人々は,自分で情報を集めて自由意志で来たわけである。パーティー会場にはもちろん著名な政治家,文化人の顔も散見されたが,その彼らが驚くほどに,従来の政治パーティーとは様相が異なっていたのである。
 そしてこれが後の「コスプレ・アキバ・パーティー」や,先日行われたばかりの「猫もふ集会」へと発展していくのである。この経緯をたどると,まず,『みんなで行こうZE!』という政党が企画したオフィシャルなものが存在する。そしてこれに参加した者たちが,自分たちでも何か面白い事をやりたいと思って自然発生的に始まったのが,「コスプレ・アキバ・パーティー」や「猫もふ集会」なのである。特に先日,池袋の猫カフェで,国際政治アナリストの藤井厳喜氏主催で行われた「猫もふ集会」の方は,twitter上で自然発生的に企画が生まれたものである。告知も4,5日前であったが,遠方から新幹線に乗って駆けつけた参加者もいたほどだ。
 そしてここに集った面々は,特に特定政党支持者でもなければ党員というわけでもない。政治志向としてはコンサバという人々である。これまでコンサバの人々の声を“国民の声”として正しく伝えるメディアが無かったのと,一同に集う場所も無かった。そこにこのような集会がきっかけで今回初めて顔を合わせたという状況である。

 先日のCNNでは間もなく投票日を迎えるイギリス総選挙特集で興味深い分析をしていた。米,英でティー・パーティーという草の根保守運動が成功をしたのは両国とも選挙の戸別訪問が制度として認められているので,ネットやTVのオンラインの世界と,戸別訪問でのface to faceのオフラインの世界がスムーズに繋がっているからとのことである。
 では,戸別訪問制度が認められていない日本ではどのような可能性があるかといえば,「コスプレ」,「プロレス」,「猫もふ」,といった極めてコアな属性で,緩やかな草の根保守の連帯が拡大していくことではないのか。しかもこれらのものは利権がからんだNPOや支持母体である各種組合に言われて義理や義務で集うものとは明らかに異なる。参加者みずからが楽しめるティー・パーティーは毎回リピーターが増えて,これが次第に各地に拡散,伝播されていくのである。
 そして何よりも,この日本発のティー・パーティーに集う者たちは総じて高いメディア・リテラシーで完全武装しており,既存マスコミが悪意のあるスピンをかけても,もうこの草の根保守のムーブメントを止めることは出来ないであろう。
 現在twitter上では「コスプレ・パティー」第2弾,「プロレス・ティー・パーティー~ローカル・プロレスの世界から沖縄問題を語る」,「農業ティー・パーティー~農業から政治経済・国防を語る」といったプランが自主的に立ち上がっており,これもおそらく実現するであろう。

----------------------------------------
【お知らせ】
twitterをはじめました。こちらでは政治家、経済専門家、医師、ジャーナリストらの皆さんと、わが国の外交、防衛、政治・経済、医療行政について討論をしています。

http://twitter.com/JPN_LISA
----------------------------------------    

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

13. April 10

【ライブ・パフォーマンス】 詩人・伊藤洋子+ナガッチョ (銀座・ギャラリースペースQ)

 東京・銀座のギャラリースペースQで、詩人で画家の伊藤洋子とパフォーマー・ナガッチョの即興ライブが行われた。このライブは伊藤洋子の個展『私の8つの太陽』のオープニング・イベントとして急遽開催されたものだ。
 伊藤洋子は、1980年代から銀座、新橋、神田界隈の画廊を中心に、肉声によるポエトリー・リーディングを続けてきた詩人である。近年は現代詩の同人活動に加えて、画家としての活動も精力的に行っている。
 画家としての伊藤の作品は詩と同じく、自分の家族や自分自身の身体を題材とした寓話的な作品が多く、マイクロフォンを通さない肉声によるポエトリー・リーディングにこだわるのも、自分の身体から発した「言葉」も肉体の一部であると考える伊藤の表現を裏付けるものである。
 また近年制作されたタブローは、画面から以前のような余白が無くなり、細かい異形細胞のような模様がテクスチャーとして画面を覆っている。
 昨年、池袋の協栄ジムの近くにある伊藤洋子のアトリエを訪ねてインタビューを試みた時、この作風の変化について、昨年患った卵巣腫瘍で片側の卵巣を全摘出した事が発端となっている事を初めて知った。つまりどういう事かと言うと、伊藤が無心になって画面の余白をテクスチャーで塗り込めていく行為は、片側の卵巣を失った事による喪失感を埋めるための代替行為なのである。
 それは、片側の卵巣が無くなった事で,伊藤自身があたかもその場所が未だ空洞であるかのように感じる空間に何かを補填し,質量を卵巣摘出以前と同等に保つ事を表している。そして、伊藤が卵巣腫瘍を患った年齢が、自分の母親が乳癌を患った時と同じ年齢なのである。
 今回、パフォーマーのナガッチョと試みたライブ・パフォーマンスはこの事を念頭において見ると、伊藤洋子自身の非常に複雑な年代記が寓話となって構成されている事が分かるであろう。

 伊藤洋子がナガッチョの即興演奏をバックに朗読しているのは全て伊藤の自作の詩である。これは、若くして自分を残して乳癌でこの世を去った母に対する憎悪、悲哀、様々な感情が複雑に反復する作品である。自分を残して癌で死んだ母を自分の胎内に宿し、その母を自ら産み落とす事で母と再会して、自分が母を失った時の悲しさ、自分を残して死んでいった母に対する恨み、辛みの気持ちを母にぶつける、という寓話的な物語が展開されていく。
 「お母さん、お腹が空いたよ」、「お母さん、痒いよ」と暗がりで悲痛に訴える伊藤洋子の声は、病で床に伏した母が自分の事を十分に構ってくれなかった事に対する残酷な怒りだ。

 ライブで競演したナガッチョは、伊藤洋子と同じく1980年代から銀座、神田界隈の画廊を中心に活動を続けてきたパフォーマーで、笛、ハーモニカ、身近な小型の打楽器をリュックに詰めて、方々の美術作家の個展やグループ展会場を大道芸人のように渡り歩いてきた。その表現スタイルは、まず美術作家の展示作品からインスピレーションを得て、ライブを組み立てていくというものである。インスピレーションが降りてくるまでは相当の時間がかかる事もある。その時の会場の雰囲気、空間によっても内容が自在に変化する。
 この日のライブは告知が遅れたために、ナガッチョのライブを知らずに伊藤洋子の個展会場に来た来場者もたくさんいた。そこでライブを最初から見る機会が無かった者のために、異例ではあるがアンコールで短めのライブも行われた。私が録画で記録したのがこのアンコールのものである。伊藤洋子が肉声でぶつける母への憎悪、悲哀を、音と自らの身体で表現を試みたものである。(伊藤洋子個展『私の8つの太陽』2010年4月12日(月)~17日(土)まで。ギャラリースペースQ・銀座)

■ギャラリースペースQ
http://12534552.at.webry.info/

■伊藤洋子作品レビュー■
【名古屋芸術大学・芸術療法講座】 詩人・伊藤洋子インタビュー(芸術療法演習)
【アート】伊藤洋子個展 『卵巣の雲』(2009年8月31日~9月5日,ギャラリー代々木)

----------------------------------------
【お知らせ】
twitterをはじめました。こちらでは政治家、経済専門家、医師、ジャーナリストらの皆さんと、わが国の外交、防衛、政治・経済、医療行政について討論をしています。

http://twitter.com/JPN_LISA
----------------------------------------    

| | Kommentare (0) | TrackBack (0)

04. April 10

【民俗】 金山神社『かなまら祭』(2010年4月4日)~シリーズ・カミサマを訪ねる(1)~

 京急・川崎大師駅から徒歩2分ほどのところにある金山神社では、毎年4月の第一日曜日には『かなまら祭』が盛大に行われる。この地域では川崎大師が外国人観光客からも最も知名度が高いが、この日だけは報道陣も外国人も、この奇祭を一目見ようと金山神社に詰めかける。
 『かなまら祭』とは、もともとは鍛冶のカミサマを祀る金山神社が、願掛けの行事として始めたものだ。それが「かなまら講」として伝承され、商売繁盛の他に、子宝、安産、夫婦和合に加え、この祭りが奇祭として海外に配信された事により、近年では病封じ(エイズ除け)の祭りとしても定着しつつある。
 小さな神社が地元の「講」として行われていた祭りが奇祭として世界的にも有名になったのは、ここの神社の御神体を見れば一目瞭然である。『かなまら祭』の御神体は、カナマラサマ(金摩羅様)という巨大な男性器のカミサマなのである。
 男性器を祀るカミサマとして他に知られるカミサマは、柳田國男の『遠野物語』に登場するコンセイサマ(金勢様)が有名である。岩手・大沢温泉にある金勢神社に祀られるコンセイサマは長さ1.4mのケヤキで出来た御神体で、毎年4月29日の『例大祭』には御神体のある大久保山からコンセイサマを下山させ、大沢温泉に入れる儀式が行われている。このカミサマも川崎のカナマラサマと同じく子宝、安産、夫婦和合のカミサマである。この他にも『遠野物語』の岩手では、山道などには石で出来たコンセイサマが道祖神として祀られている。女性が目をつぶったままコンセイサマの周囲を回ると子宝に恵まれるという言い伝えがある。

 近代までは、このような奇祭といわれる類のものは、欧米発祥の文化人類学の中では土着的なもの、衆俗的なものとして低位に捉えられてきた。これは医療人類学においてもそうであるが、西洋的学問体系に含まれないものは、オルタネイティヴ(異質)なものとしてアウトサイダー的に認識されてきたものである。特にわが国のように神仏混交でもあり、その根底に古代神道としての「八百万神」(ヤオヨロズノカミ)信仰が内在する民俗的背景は、一神教の諸国から見るとなかなか理解し難いものである。しかもキリスト教の様な経典はなく、多くはそれぞれの村落共同体(部落)の中で代々にわたり口述伝承されてきたものであり、この事においてもどこか密教的イメージをもたれてきた。
 この事からもわかるように、例えばキリスト教における「神」とわが国における「カミサマ」は、同じ神でもまったく異なるのである。

 『かなまら祭』が毎年行われる金山神社は、京急の駅から徒歩2分の住宅街の中にある。手前にはクリニックがあり、神社の敷地の中には幼稚園もある。四方は舗装された車線が走っており、周囲には中層の新興マンションが立ち並んでいる。岩手の遠野などとはまったく異なった環境なのだが、この郊外の都市の中にあっても「かなまら講」は代々伝承されてきたのである。近くにある川崎大師とは異なり、祭り以外は地元の参拝客しか訪れることはない小さな神社が、この時ばかりは「ハレ」の空間となる。
 わが国の民俗信仰が、人々の生活形態が変化してもこのように残ってきたのは、そこに「ハレ」と「ケ」の空間が息づいているからである。「ハレ」とは「晴れの日」の事だ。普段は慎ましく「ケ」の日常で暮らしている村落の人々が、一年に一度の「ハレ」の舞台には、「ケ」の空間で集積されてきた一年分の情念を外に出す日なのである。これはある種のカタルシスでもあり、「酒」と「狂気」がつきものになる。
 日本にいる800万のカミサマたちも、このカナマラサマを含めて、実に多彩、多様。その上、荒々しいカミサマも多い。わが国において「カミ」を祀る行為とは、一神教の「神」のように崇拝するのとは少々異なる。むしろ、これ以上カミサマが暴れないように、一年に一度だけカミサマのエネルギーを放出させて、「魂抜き」を行った後、静かに納める行為なのである。これは時に「災害封じ」、「飢饉封じ」、また「病封じ」でも行われた事であり、古来の日本人が、いかに生活の中でカミサマと共存してきたのかが分かるであろう。
 カナマラサマは岩手県・遠野のコンセイサマと同じく男性器のカミサマである。これが「ケ」の日常において見る限りは、どこか滑稽でいて、しかも卑猥なものに見えてしまうが、「ハレ」の空間に降りたったカナマラサマは勇猛な荒々しいカミになる。全ての障害物をもその一突きで貫通するように進むカナマラサマは、人間の持つ原初的な闘争心を呼び起こすものである。時折ローカルニュースなどでこの祭りの様子を流す時に、けしからん事にカナマラサマにモザイク処理を施した映像も散見する。これはまことに愚かな行為であり、そもそも「祀り」事の意味が分かっていない。「性」についても明るく、猛々しく、開放的なのが日本のカミサマなのである。カミサマの前では老若男女、皆が村落共同体の一員なのである。
 昨今、「多文化共生」や「地域主権」なる珍妙な言葉が世間を賑わしているようであるが、今こそ求められるのは昔ながらの「地縁」、「血縁」の「講」を中心とした「共同体社会」の復興である。そして、この「講」的空間の中には、「ネットの縁」という新たな繋がりも加えていいだろう。何故なら、800万もいるカミサマの中には、ネットのカミサマだってどこかにいるであろうからだ。

----------------------------------------
【お知らせ】
twitterをはじめました。こちらでは政治家、経済専門家、医師、ジャーナリストらの皆さんと、わが国の外交、防衛、政治・経済、医療行政について討論をしています。

http://twitter.com/JPN_LISA
----------------------------------------    

| | Kommentare (2) | TrackBack (0)

« März 2010 | Start | Mai 2010 »