« 【海外ドラマ】『メンタル:癒しのカルテ』#10「人生のやり直し」(FOXチャンネル) | Start | 【トークライブ】 西村幸祐トークライブ『ああ言えば,こうゆう』(2009年9月28日,阿佐ヶ谷ロフトA) »

27. September 09

【名古屋芸術大学・芸術療法講座】 2009年度後期講座シラバス

名古屋芸術大学 芸術療法講座2009年度後期講座シラバス

芸術療法講座
~美術史から考察する疾病論・医学概論~

【授業目標】
“人はなぜ病むのか?”、“「病」はどこから我々のもとにやってきたのか?”──。
「病」の歴史とアートを通してこんな問いかけを行っていくのが本講座である。
本講座ではまず、多数の図版資料、文献をもとに西洋美術史と西洋医学史を古代ギリシャ時代から同時に学びながら、「芸術」と「医学」の関わり、「表現」という行為と「治療的行為」の相違点を明確にしていく。
さらに、図像学の視点でそれぞれの時代の「病」像を抽出し、芸術というものが、人類史の中でいかに「病」と実践的に関わってきたのかを考察し、今日の芸術療法の現場が抱える問題点を踏まえたうえで、「表現」と「治療的行為」の接点の可能性について再度模索していく。

【授業内容と計画】
1)ガイダンス 美術図像学から疾病論、医学概論を読み解くことの意義、今日の芸術療法との関わりについて
2)古代ギリシャ・ローマ美術とヒポクラテス医学(1)
  ~「病」の起源~
3)古代ギリシャ・ローマ美術とヒポクラテス医学(2)
  ~「ホスピタル」の登場~
4)ルネサンス絵画に描かれた医師像と患者像
5)キリスト教絵画における「病」と「手当て」の概念
  ~ナーシングの確立~
6)戦争群像画におけるカタルシス
  ~回復装置として機能する解毒療法~
7)ラファエル前派に描かれた恍惚の女性像
  ~「卒倒」「昏睡」の美学と麻酔学の関わり~
8)西洋カリカチュアの中の「生・老・病・死」
  ~「死の舞踏」をめぐる「病」観~
9)後期印象派、シュルレアリスム、表現主義における身体表現
10)アウトサイダー・アートをめぐる「表現」と「病」の境界線
11)モダニズムにおける新しい「病」の概念
12)映像表現におけるメタファーとしての「病」
  ~SF、 特撮、ホラー映画における「異形」と空想上の「病」の病理学的分析~
13)身体表現と「病」
  ~舞踏、パフォーミングアーツ、障害者プロレスから見えてくる「表現」としての「病」~
14)映像作品の上映
15)総論、レポート課題についての概説

|

« 【海外ドラマ】『メンタル:癒しのカルテ』#10「人生のやり直し」(FOXチャンネル) | Start | 【トークライブ】 西村幸祐トークライブ『ああ言えば,こうゆう』(2009年9月28日,阿佐ヶ谷ロフトA) »

名古屋芸術大学」カテゴリの記事

Kommentare

大変ご無沙汰致しております。
その節は貴重な写真を、本当にありがとうございました。
最近、なかなか拝読出来ずにおりましたが、大変興味深い講座ですね。
病人ではありますが、治療家として、受けてみたい内容が満載です。

私は、東洋医学に根を下ろしていますが、それゆえに、西洋医学的なアプローチや、老、病、死に対する捉え方など、芸術がどのような役割をはたしてきたのかを含めて、勉強してみたいです。

これからも楽しみに拝読させていただきます。

Verfasst von: 中嶋有木 | 11. November 09 20:21 Uhr

中嶋有木 様

ドッグレッグスの次の興行も決定したようで,なによりです。

>病人ではありますが、治療家として、受けてみたい内容が満載です。
>私は、東洋医学に根を下ろしていますが、それゆえに、西洋医学的なアプローチや、老、病、死に対する捉え方など、芸術がどのような役割をはたしてきたのかを含めて、勉強してみたいです。

私の講義では,基本的には西洋医学史を中心にやりますが,そればかりではなく,中嶋さんがおっしゃられるように,東洋,おいては古来の日本における「老い」や「病」の見方なども比較しながらやっています。

「病」に対する捉え方でも大分違いますからね。
例えば,コッホを系譜とする病理学では,病原菌はあくまでも「身体」に対して「他者」の存在なんです。
しかし古来の日本では,例えば「ツツガムシ信仰」や「疱瘡譚」に見られるように,「共同体」の中で「病」を捉えてきたんです。

アンパンマンでも,バイキンマンがたとえ悪いヤツでも絶対に殺さないですよね。
この違いなんですよね。

Verfasst von: 井上リサ | 11. November 09 21:10 Uhr

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 【名古屋芸術大学・芸術療法講座】 2009年度後期講座シラバス:

» 美学総論 [ロドリゲスインテリーン]
美学総論 [mehr]

verlinkt am: 29. November 09 22:36 Uhr

« 【海外ドラマ】『メンタル:癒しのカルテ』#10「人生のやり直し」(FOXチャンネル) | Start | 【トークライブ】 西村幸祐トークライブ『ああ言えば,こうゆう』(2009年9月28日,阿佐ヶ谷ロフトA) »