« 【建築】古代ローマ風呂はサイロンの再生船か?(熱海・ホテル大野屋) | Start | 【京都大学】 宇野邦一 ドゥルーズ講義 『時間と身体』(京都大学吉田南キャンパス) »

18. Januar 09

【映画】瀬々敬久監督 『感染列島』

 人類が体験したことがない未知のウイルスの感染拡大の恐怖を描いたパニック・ムービーである。映画の告知では,その未知のウイルスが,あたかも新型インフルエンザであるかのように編集されてはいるが,実際には野生のコウモリが宿主の出血性ウイルスの一種であるエボラ・ザイールと同族のフィロ・ウイルスであることは映画本編を見ればわかる(野良ウイルス学者の鈴木が感染者から発見したウイルスの顕微鏡写真から私はそのように判断した)。しかし,映画予告を見た人の多くが,新型インフルエンザがあたかもエボラ・ザイールと同様の溶血性の失血死をするような印象を持ってしまうことは必至であり,映画の宣伝とはいえ,いたずらに新型インフルエンザの恐怖をミスリードさせるのはいかがなものかと思った。
 近年,様々な映画で題材とされているエボラウイルスは,ヒトとの接触がなかった森林の中で古くから存在していたもので,これがヒトの体内に入った場合,まず初めにマクロファージの中へと入り込み,内部から免疫機構を破壊していく。そしてウイルスに破壊される時に大量に生産されるサイトカインは肝臓その他の臓器にダメージを与えて,次第に多臓器不全へと病状が進行していく。つまり,ヒトの免疫機構は,敵と戦う前に一瞬で殲滅させられてしまうのがこのウイルスの恐ろしいところである。
 例えばこれから新型インフルエンザがヒトからヒトへと感染拡大していく過程で変異を繰り返したとしても,感染力は保持したままエボラ・ザイールに代表されるようなフィロ・ウイルスに変異していくことは果たしてありえるのか,というのが私の考えである。したがって,例えば『L change the word』の中に登場した,エボラ×インフルエンザのキメラ・ウイルスのように,あくまでも空想上のウイルスとして設定するか,もしくは正攻法で新型インフルエンザそのものを詳細に描いた方が物語のエッジも,もっとハードになったのではないか。既存の抗生物質が一切効かない重篤な肺炎症状,脳炎症状を起こすとされる新型インフルエンザだけでも十分に恐ろしいのである。
 ウイルスの感染拡大を制圧するには,感染源の特定,ウイルス標本の同定とならびに,正しい情報の公開が必要不可欠である。映画本編では,ここに登場する医師や厚労省のウイルス対策チームが,その初動を誤ったことで,大惨事へと発展していく。1つの未確定情報に固執した結果,誰もがそのベクトルに向かって怒涛のように流れていく集団心理の恐ろしさを描ききった前半は,なかなか見事な展開であった。
 残念であったのは後半である。主役俳優陣のロマンスを必要以上に挿入しすぎたために,前半の緊張感が一気になくなってしまった。特に,主役級の俳優陣に気を遣いすぎたのだろうか,一般市民が全身のあらゆる粘膜から大量出血をして死んでいくのにもかかわらず,どういうわけか,このエボラ・ザイールと同族の未知のウイルスは,主役級の俳優陣(美男美女)には手加減するようである。そんな中でも,全身血まみれで死んでいった佐藤浩市や嶋田久作には役者魂を感じる。
 他の登場人物にも魅力的な面々がいた。その一人がカンニング竹山が扮するウイルスハンターの鈴木浩介である。鈴木の存在は,前半と後半を結ぶ重要な役柄なので,後半は鈴木の視点でウイルスが同定されていく過程を詳細に描いたほうが,前半の流れの緊張感を失わずにうまく繋げたのではないだろうか。まるで腐肉に群がるハイエナのようなウイルスハンターの存在は,密林に潜むウイルスと同様に野性的である。あの野獣のような容貌は,獰猛なフィロ・ウイルスに戦いを挑むのに相応しい。本来ならば,この竹山の役柄こそが,物語のコアになるはずなので,少々残念ではある。
 もう一人印象深かったのが,藤竜也が扮する仁志教授である。すでに自ら癌を患っている教授は,感染地帯に赴く時も軽装で,しかも汚泥や感染源かもしれない野良犬を素手で触るという荒業にでるが,それは癌を患ったことで自らの人生を達観している教授の人格を理解する上では重要な演出である。仁志教授がウイルスの宿主の特定のために感染地帯に居残る際に,自らを蝕む癌すらも味方につけるような物言いは最後まで印象に残る。たった一人で感染地帯に居残る仁志教授にとっては,もはや体内の癌細胞も同志であり,敵のウイルスを殲滅するために雇った傭兵のような存在なのか。
 瀬々監督は,この作品を通して“魂のバトンタッチ”を描きたかったと言っている。肉体は滅びても,その人間の意志が継承されていくということを言っているのだと思うが,その点では,ウイルスと戦うために文字通り人柱となっていく仁志教授やWHOオフィサーの小林栄子(檀れい)の存在は重要である。また救命救急現場を描いた前半では,トリアージの原則に従って,まだ息はあるが助かる見込みのない重篤な心疾患を抱えた男児の人工呼吸器を外し(直後に男児は心停止),感染初期の急患に呼吸器を移し替える非情な場面にも,監督のメッセージは生きていると言える。
 また,もっとも象徴的なのは,この“ブレイム”(神の裁き)と名付けられたウイルスの制圧に,ウイルス感染から生き延びた登場人物の血液から血清が作られることである。この血清は,現場の反対を押し切って,まず小林に試験投与される。その姿は,かつて教会の反発を承知で,呪術ではなく医術として,ヒトからヒトへの全血輸血を医学史上初めて成功させた,ガイ病院の産科医J. ブランデルや,その道筋をつけたクリストファー・レン卿の姿とも重なってくるのである。そのような意味で,殉教者のような小林の死に,もう少し目に見えるほどの悲劇性があってもよかったのではないか。

|

« 【建築】古代ローマ風呂はサイロンの再生船か?(熱海・ホテル大野屋) | Start | 【京都大学】 宇野邦一 ドゥルーズ講義 『時間と身体』(京都大学吉田南キャンパス) »

映画・ドキュメンタリー」カテゴリの記事

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 【映画】瀬々敬久監督 『感染列島』:

« 【建築】古代ローマ風呂はサイロンの再生船か?(熱海・ホテル大野屋) | Start | 【京都大学】 宇野邦一 ドゥルーズ講義 『時間と身体』(京都大学吉田南キャンパス) »