« 【アート】藍画廊出品作品『Das Knochenmark<骨髄>』 | Start | 【公開セッション】生命という策略(2009・1・25 四谷アート・ステュディウム) »

27. Dezember 08

【アート】藍画廊クロージング・パーティー

藍画廊クロージングパーティーの様子

 12月24日に行われた京橋・藍画廊でのクロージング・パーティーには,藍画廊と関わりの深い作家たちが閉廊を惜しむように多数訪れた。前の週のオープニング・パーティーの時よりも倍近い人数が詰めかけ,狭い空間内には常に100人以上の人たちで膨れ上がり,廊下や外の道路まで人で埋まるような状況であった。
 このような光景は,60年代,70年代には毎週あちらこちらの画廊のオープニング・パーティーなどでも見られたかもしれないが,今ではこのように大勢の人たちが集まるというのはあまりというか,ほとんど見られなくなった。むしろ現在ならば,表参道,六本木界隈のアート空間でこのような光景が見られるだろう。
 かつて最新の実験的な現代アートの発信地が神田,銀座界隈であった時代には,美術作家やギャラリストはもとより,美術館学芸員,美術ジャーナリストもここに集まってきていた。もしブログ読者の中で,70年代,あるいは少なくても80年代初頭から銀座の画廊を中心に作家活動を続けてきたという美術作家の人がいるならば,ぜひその頃の芳名帳を引っ張り出してきて,そこに記された名前を見てほしい。当時,神田,銀座界隈がいかに現代アートの中心地であったのかがわかるであろう。

 しばしば政治の世界では,“お金のあるところには人が集まる”と言われるが,アート業界も同様のことが言えるのである。ただもちろんアート業界の場合には,“お金”というより“人脈”,“メディア”ということになる。つまり,東京のアートシーンにおいては80年代後期から90年代にかけて,これまでわが国独自のアンデパンダン的空間であった神田界隈の画廊や,一方で,オルタネイティヴであった銀座界隈の所謂“レンタル・ギャラリー”という文化に,メディアとコラボレーションした欧米型のコマーシャル・ギャラリーが対抗するようになり,そちらに作家も人も流れていった,ということが言えるのである。このようなムーブメントの中では,「批評」よりも,作品をいかにマーケットで流通させるかということの方が重要である。
 今回の藍画廊のクロージング・パーティーでの稀に見る現象は,例えれば,すでに消滅してしまったプロ野球球団「近鉄バファローズ」や閉館が決まった名画座に群がるファンのようなものである。
 かつて近鉄球団が経営危機に陥って,買収・合併話が持ち上がった時に,心配した多くのファンが連日球場へかけつけた。しかし私は問いたいのだが,今までそのファンの人たちは何をやっていたのかということなのである。パ・リーグの試合で時折目にするガラ空きの球場の収容人数は,たかだか4万~5万人程度である。言っておくが50万人や500万人ではなくて5万である。これぐらいの人数であるならば,ファン総出で毎日球場を満員にすることだってできたはずである。経営困難で潰れていく名画座にしても同じことが言えて,いくらレンタルDVDやwebで動画が見れる時代になったからと言って,本当の映画ファンならば映画館に足を運べと言いたいのだ。それでいて,いざそれが無くなるとなると慌てて集まるという愚行を,我々は何回も繰り返してきた。それによって失ったものは大きい。銀座界隈でもいつの間にか消えて無くなってしまった画廊もたくさんあるのである。
 「3-3-8」展の終了とともに閉廊する藍画廊は,老朽化したビルの建て替えのためで,幸運にも来年からの移転先も決まっている。しかし藍画廊が移転してまで再び銀座界隈で再開するという事に至ったのは,ここと古くから関わってきた作家や,この空間に関心をよせ続けてきた人々の思いが,画廊オーナーの気持ちを動かしたという側面も否定できない。
 藍画廊は京橋時代での約20年の歴史の中で,現代アートの最前線に実に多くの作家たちを送り出してきた。『美術手帖』のバックナンバーをめくれば,今は有名になった作家たちが,藍画廊で様々な実験的試みをしていた頃の記録を辿ることができる。「3-3-8」展の出品作品や出品作家の名前を見てもそれがわかるだろう。それだけでも藍画廊は一定の役割を果たしたといえるわけである。そしていったん閉廊が決まってからも再び移転先で再開することになったのは,まだこのような空間を必要としている多くの人たちがいるということである。我々も,常にこのような空間に関心を持ち続けることが大切であるのだ。

|

« 【アート】藍画廊出品作品『Das Knochenmark<骨髄>』 | Start | 【公開セッション】生命という策略(2009・1・25 四谷アート・ステュディウム) »

アート」カテゴリの記事

Kommentare

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 【アート】藍画廊クロージング・パーティー:

« 【アート】藍画廊出品作品『Das Knochenmark<骨髄>』 | Start | 【公開セッション】生命という策略(2009・1・25 四谷アート・ステュディウム) »