« 【ドラマ】倉本聡 『風のガーデン』~エロス/タナトスとしての“麻酔”という行為をめぐって~ | Start | 【アート】藍画廊『3-3-8』展オープニング・パーティー »

23. November 08

【格闘技】ドッグレッグス第77回興業「self」~D1トーナメント2008(新木場1st RING)

Dscf1000  今回で実に77回目を迎えるドッグレッグスの試合会場になったのは,新木場にある1st RINGである。ドッグレッグスは今までにもさまざまな会場で試合を行ってきたが,今回のリングは正真正銘,格闘技専門の空間である。試合会場の壁には週刊『ゴング』やジムの広告が並び,プレハブ小屋に敷設されたトイレの中には大仁田厚のポスターも貼ってある。
 かつて障害者らのボランティア活動の一環で立ち上げられたドッグレッグスの当初の試合会場は,もっぱら養護学校の体育館や公民館などであった。破天荒な彼らがそこから追放されてから6,7年ほどが経過して,ついにはプロの格闘技団体として正式な格闘技会場で試合をやるようになったことは,驚きでもあり,当時彼らをいわゆるボランティア組織から追放した者たちへの痛快な意趣返しであろう。
 いまさら説明するまでもないがドッグレッグスは障害者プロレス団体である。設立当時から彼ら自らがそう呼んでいる。ここに集う格闘家たちは,身体障害者はもとより,知的障害,ひきこもり,ワープア,鬱,ロリコン,癌患者と実に様々で,世間一般でいうところのloserな人々である。団体名のドッグレッグス自体が米語のスラングでは「役立たず」「ダメ」を意味する。そういう彼らが“ここで死んでもいい”と思って神聖なるリングの上に上がって戦うのがドッグレッグスのスタイルである。
 “ここで死んでもいい”というのは,彼らにとってはけしてきれいごとではすまされない。先天的に重度の障害を持って生まれてきたものが,身体各部位に必要以上に負荷のかかる危険なことをすれば,既存の障害を悪化させたり,あるいはそれが原因で別の所に障害がでてしまう「二次障害」の危険性もある。もし私が彼らの主治医ならば,とりあえずは辞めさせるであろう。しかしそれは私の中にある古びた道徳的態度が一瞬そうさせるのであって,彼らの格闘家としての実際の姿を見せられたら,迷うことなくリングへ送り出すであろう。

 ドッグレッグスの試合に私が興味を持つようになったのは,天願大介監督の長編ドキュメント・フィルムがきっかけである。(詳しくはレビュー記事を参照)
 天願監督の作品を見て,彼らの存在を知り,さらに創立当時からの中心レスラーであるアンチテーゼ北島の著書で,日本の福祉団体のある種の保守性・閉鎖性の狭間で苦しむ異能の障害者たちの姿を知ることとなった。それ以来こうして実際に試合を見るようになって,今まで知り得なかった未知の身体性を認識することになる。
 たとえば,ドッグレッグスにもレスラーによっていろいろと階級分けがなされている。私の知る限りの一番上の階級が“ミラクルヘビー級”である。ただしこれは他の格闘技のような重量別の階級分けではない。ドッグレッグスでいうところの“ミラクルヘビー級”とはもっとも重度の高い障害をもったレスラーたちの階級である。つまり障害の重度が“ミラクルヘビー級”ということである。そのことを大学の学生や友人,知人に言うと,「ひどい!」「障害者を笑い物にしている」と不快感を示されることがあるが,私はけしてそうだとは思わない。彼らは二次障害のリスクとも闘いながら日々トレーニングに励み,ボランティア団体や自治体からではなく一般の観客から料金をとって興業を行っているプロである。彼らが目指すのはリングの上で勝つことであり,観客席から同情の声をもらうことではない。
 とは言ってもなかなかそれが実感できない人は,ぜひ一度リングの上で戦う彼らの姿を見ることをおすすめする。

 先ほども少し述べたが,ここに集うレスラーたちは,身体の様々な部位に障害を負っている。普段は街中などの日常空間で彼らを見かけた時には,衣服に覆われた彼らの身体が,一体どのような状態になっているかは想像はできないであろう。ドッグレッグスの試合では,多くのレスラーたちが格闘技スタイルのコスチュームで現れるので,彼らの生身の身体がむき出しになる。そこに露呈された身体とは,障害によって身体機能を失って,もはや退化した部位に対する,トレーニングによって強化された残存する健常部位の強いコントラストである。私は今までにこんな様態の身体というものをあまり見たことがない。下肢に重度の障害がある鶴園誠の上腕などは,その圧倒的な腕力と瞬発力でもはや人間凶器と化している。高速で振り下ろされるその上腕にヒットを食らった肉塊は,鈍い音を会場に響かせるのである。鶴園のほかにもさまざまな障害を持ったレスラーが登場するが,どのレスラーもみな,必要以上にビルドアップされた残存健常部位そのものが凶器となっているのである。
 またドッグレッグスは,このようなレギュラー・レスラーに加えて,新入団のレスラーも時々登場する。公開入団テストのスパーリング相手はこの世で初めてと言っても過言ではない「障害者VS健常者」という異種格闘技戦を提唱したアンチテーゼ北島が務めることが多い。
 こんなことを言っては少し不謹慎であろうか。私はドッグレッグスのリングにどんな新しいレスラーが登場してくるのかも楽しみなのである。この気持の表れはどこにあるのかを考えていたら,ある学生のレポートの内容がヒントになった。私が「芸術療法」の講義を行っている名古屋芸術大学で,前出の天願監督のドッグレッグスのドキュメント・フィルムを上映した時に,多くの学生がこれをどう受け取っていいのか戸惑っている中,ある学生が“ドッグレッグスに登場するレスラーは,自分の障害をキャラクター化して活かしている”という前向きの内容のレポートを書いてきたのである。これを見て,ああなるほどなと思った。やや語弊があるかもしれないが,この感覚,即ち“今度はどんなレスラーが登場してくるのだろう”と心待ちに思う感覚とは,例えれば,われわれが子供のころによく見ていた特撮ヒーロー番組で,“次はどんな怪獣が出てくるのだろう”と楽しみに思った気持と同様であることを私は白状する。かつて社会正義の名のもとに活躍するヒーローたちに果敢に闘いを挑んで豪快に散っていった怪獣・怪人といわれる異形たちも,正義の裏返しとしてのヒーローでもあった。人間とは姿が異なる異能の異形たちはたしかに格好がよかったのである。
 私がドッグレッグスにあまり偏見を持たずに見れたのは,おそらく子ども時代に多く見た多くの特撮ヒーロー番組の原風景があったからであると勝手に分析している。「ハッスル」の小川や高田モンスター軍が提唱する“ファイティング・オペラ”というコンセプトも,私の中では少なからずつながってくるのである。

 以下が今回の対戦カードである。
ミラクルヘビー級時間差バトルロイヤル(10分1本勝負)
ノーシンパシーVSハンマーシャーク芹田VS遠呂智VSよっこいしょVS愛人

D-1トーナメント2008 1回戦(3分3R)
福祉パワーVS鶴園誠

D-1トーナメント2008 1回戦(3分3R)
関口洋一郎VS真・大玉

世界障害者プロレスヘビー級選手権試合(3分3R)
第17代障害王 天才まるボンVS挑戦者 永野V明

ロリコンVS聴覚障害者(3分3R)
ロリろり太VS陽ノ道

タッグマッチ(15分1本勝負)
アンチテーゼ北島・サンボ慎太郎VS虫けらゴロー・柳下ミツル

D-1トーナメント2008 決勝戦(3分3R)
鶴園誠VS関口洋一郎

癌患者VS聴覚障害者
中嶋有木VS高王

 この中で今回非常に印象に残ったのはタッグマッチとメインイベントの試合である。
 まずタッグマッチでタッグを組んでいるアンチテーゼ北島とサンボ慎太郎は子弟関係にある。北島がまだ一介のボランティア青年として慎太郎に関わっている時代からこの関係は続いている。北島が“アンチテーゼ北島”としてリングに上がるきっかけをつくったのは実は慎太郎で,それまで北島はリングアナなどをやっていたにすぎなかった。対戦相手の柳下ミツルは,前回の試合で公開入団テストを受けた新人レスラーである。まず感じたのは,慎太郎の体がかつて福祉施設でボランティア興業をやっていた時代の全盛期と比べて,かなり衰えているように見えたことである。ドッグレッグスが格闘技団体として世に認められて,より優良なリングで試合を行える機会が増えていった時に,創立初期から関わってきたレスラーたちがひっそりと引退したり,衰えていったりするのを見るのは辛いものである。いつの時代も先駆者とはこうなるものなのか。
 本日のメインイベントには癌患者レスラーの中嶋有木が登場した。中嶋は現在大腸癌の経過観察中である。癌の原発部位は取り除けたようではあるが,その再発の恐怖が原因で重いうつ病にもなってしまい,体のいたるところに自ら鋭い刃物で傷つけたと思われる跡がたくさんある。中嶋にとってリングに上がる行為とは,まさに癌との闘病を身体で表現する行為といっていいであろう。中嶋の存在自体が,今日のわが国ではまだまだ経過観察中の癌患者を精神的にもケアする体制に大いに不備がある点を浮き彫りにさせている。医療現場でも,非公式な勉強会の中でようやくサイコ・オンコロジー(精神腫瘍学)という言葉が聞かれるようになってきたというのが現状である。
 癌患者の場合,まず術後は外科の手から離れ,一定期間再発・転移がなければ一応は完全治癒ということになって,いったんは主治医の手からも離れる。しかし癌患者自身の戦いはここでは終わらず,今度は再発・転移の恐怖に苦しんだり,世間の偏見の目からなのか,社会復帰も難しくしている。私の知る限り,精神科医でもこのような状況の癌患者をケアする専門医が日本にはいない。それを考えると,中嶋がドッグレッグスにたどり着いたのも必然性があったといえる。
 中嶋の姿を見ていると,戦うことで癌の再発,転移を抑制しているとしか思えない。中嶋の存在は,先月肺がんで亡くなったキャスターの筑紫哲也のライフワークであった「シリーズ・がんを生きる」というドキュメンタリーに登場するアクティヴな癌患者と同様に,これまでの癌患者のイメージ,あり方を変えていくのであろう。

Dscf1010_3
世界障害者プロレスヘビー級選手権試合(3分3R)
第17代障害王 天才まるボンVS挑戦者 永野V明


Dscf1014_2
タッグマッチ(15分1本勝負)
アンチテーゼ北島・サンボ慎太郎VS虫けらゴロー・柳下ミツル


Dscf1020_2
癌患者VS聴覚障害者
中嶋有木VS高王

【ドッグレッグス関連レビュー】
http://ringer.cocolog-nifty.com/kunst_und_medizin/2008/05/76517face_3d5c.html
http://ringer.cocolog-nifty.com/kunst_und_medizin/2008/05/1993_b9a7.html

|

« 【ドラマ】倉本聡 『風のガーデン』~エロス/タナトスとしての“麻酔”という行為をめぐって~ | Start | 【アート】藍画廊『3-3-8』展オープニング・パーティー »

スポーツ・身体表現」カテゴリの記事

Kommentare

北島代表とサンボ慎太郎のパフォーマンスには…口がアングリとなってしまいました。時の経つのは恐ろしいです。

Kommentiert von: 櫛引圭太 | 20. April 09 um 16:38 Uhr

櫛引圭太 様
コメントありがとうございます。
サンボ慎太郎は、天願監督の映画の頃と比べても、だいぶ衰えてきたな、というのがわかりますね。
毎日厳しいトレーニングをしているとは思いますが、やはり肉体の衰えというのはアスリートの宿命ですよね。
ドッグレッグスの創世記を支えてきたレスラーが衰えていくのを見るのもさびしいものがあります。

Kommentiert von: 井上リサ | 23. April 09 um 19:05 Uhr

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204825/43200810

Folgende Weblogs beziehen sich auf 【格闘技】ドッグレッグス第77回興業「self」~D1トーナメント2008(新木場1st RING):

» 謎!!障害者プロレスの試合でオーブの群れが撮影された [山口敏太郎の妖怪・都市伝説・UMAワールド「ブログ妖怪王」]
謎!!障害者プロレスの試合でオーブの群れが撮影された [Mehr erfahren]

verlinkt am 25. November 08 um 14:28 Uhr

« 【ドラマ】倉本聡 『風のガーデン』~エロス/タナトスとしての“麻酔”という行為をめぐって~ | Start | 【アート】藍画廊『3-3-8』展オープニング・パーティー »