« 【名古屋芸術大学・芸術療法講座】2007年度最終レポート「疾病論」 | Start | 土方巽『舞踏大解剖2』(慶応義塾大学日吉キャンパス) »

23. Dezember 07

【名古屋芸術大学・芸術療法講座】最終レポート「疾病論」 研究対象作品リストアップ

 名古屋芸術大学芸術療法講座 最終レポート「疾病論」で学生が研究対象とした作品をリストアップする。
 尚これは順不同であり、カテゴリー分けは後日行うこととする。

『MOTHER 2』(任天堂)
『家なき子』(日本テレビ)
『70年代カルト・ヒーロー』(『シルバー仮面』、『レッドバロン』など)
『真夜中の弥次さん喜多さん』(しりあがり寿)
『医龍 Team Medical Dragon 2』(乃木坂太郎/林 宏司)
『マラソン』(寺田敏雄)
『ハウルの動く城』(宮崎 駿)
『I am Sam』(ジェシー・ネルソン)
『蟲師』(漆原友紀)
『新世紀エヴァンゲリオン』(GAINAX)
(*この作品については複数の学生が研究対象に選んだ)
『AKIRA』(大友克洋)
『ビーン』
『リリィ・シュシュのすべて』(岩井俊二)
『にじいろのさかな』(マーカス・フィスター)
『ガシェ医師の肖像』ほか(ゴッホ)
『妹の恋人』(ジュレマイア・チェチック)
『死ぬまでにしたい10のこと』(イザベル・コヘット)
『鉄コン筋クリート』(松本大洋/マイケル・アリアス)
(*この作品については複数の学生が研究対象に選んだ)
『Buttons』(エリザベス・レイトン)
『解夏』
『エディット・ピアフ 愛の賛歌』
『タイヨウのうた』(渡邉睦月)
『サトラレ』(佐藤マコト/本広克行
『SILENT HILL』(コナミ)
『エルの楽園』(Sound Horizon)
『BLACK JACK』(手塚治虫)
『CHRONO CROSS』
『Dolls』(北野武)
『月に照らされて』(はりたつお)
『筒井町天皇祭』
『さよなら絶望先生』(久米田康治)
『博士の愛した数式』(小川洋子)
『バガボンド』(井上雄彦)
『箪笥』(キム・ジウン)
『零~紅い蝶』(柴田誠)
『ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン』(ヨーゼフ・シュティーラー)
『光の帝国』(ルネ・マグリット)
『トイレへ逃げこむ人』(石田徹也)
『TRIADIC MEMORIES』(モートン・フェルドマン)
『世界中の子と友達になれる』(松井冬子)
『アンダルシアの犬』(ルイス・ブニュエル/サルバドール・ダリ)
『からくりサーカス』(藤田和日郎)
『私の頭の中の消しゴム』
『ブレイブ・ストーリー』(宮部みゆき)
『LEON』
『漂流教室』(楳図かずお)
『COLLATERAL』(マイケル・マン)
『NHKにようこそ』(滝本竜彦)
『怪~ayakashi~ JAPANESE CLASSIC HORROR化猫』(中村健治)
『ゆめにっき』(ききやま)
『叫び』(ムンク)
(*この作品については複数の学生が研究対象に選んだ)
『ポケットモンスター』(テレビ東京)
『我が子を食らうサトゥルヌス』(ゴヤ)
『2ちゃんねる掲示板』(ひろゆき)
『火垂るの墓』(高畑勲)
『インストール』(綿矢りさ)
『二人のフリーダ』(フリーダ・カーロ)
『<長崎>熱線とその後の火災で溶解変形した瓶』(東松照明)
『DEATH NOTE』(大場つぐみ/小畑健)
『TAXI DRIVER』(マーティン・スコセッシ)
『Serial experiments lain』(小中千昭/安倍吉俊)
『シザー・ハンズ』(ティム・バートン)
『es[エス]』(オリバー・ヒルシュビーゲル)
『妄想代理人』(今敏)
『十二国記』(小野不由美)
『カウントダウン(PV)』(Cocco)
『マルコビッチの穴』(スパイク・ジョーンズ)
『自画像』(ゴッホ)

|

« 【名古屋芸術大学・芸術療法講座】2007年度最終レポート「疾病論」 | Start | 土方巽『舞踏大解剖2』(慶応義塾大学日吉キャンパス) »

名古屋芸術大学」カテゴリの記事

Kommentare

フジテレビ抗議+αまとめwiki 検索 ←これが、一番最初なんです。じっくり見て下さい。
ミコスマ 検索
韓流ビギナーの部屋 検索
韓国人の世界 検索
フジテレビが責められる11の理由 検索

ここで、政治ネタ韓国ネタが多いのには理由があります。最近減りましたがネトウヨなんて工作員の流行らせた言葉を使って、色眼鏡で見ていると大変な事になります。調べてみてから判断してください。ご自身で考えて下さい。


教師、マスコミ、政治家、医師、弁護士、役所、警察、日本の企業の役員など
日本のあらゆる重要各所に朝鮮人が入り込んで権力や地位で歴史や事実を捻じ曲げています。
また宗教の教祖なども見えない力や神の名前を使い信じ込ませ金儲けや
日本人を洗脳しコントロールしています。

日本売国 】¨野田独裁政権¨【 絶対阻止 】
 
 ・人権救済機関設置法案 
 ・外国人住民基本法 
 ・外国人参政権 
 ・重国籍法
 ・コンピューター監視法案
 ・朝鮮学校無償化
 ・移民1000万人受け入れ

【 TPP + 増税 + 悪法 】⇒【 日本乗っ取り 】⇒【 日本人奴隷化 】

●麻原彰晃  在日朝鮮人 オウム教祖
●少年A→。山口県光市母子強カン殺害
●畠山鈴香→在日朝鮮人。秋田県児童サツ害
●三宅正信→在日朝鮮人。ペッパーランチ強カン 創価大学卒
●宅間守 →朝鮮部落出身。大阪? 附属池田小学校児童サツ傷 両親も創価学会員
●少年A →元在日朝鮮人。酒鬼薔薇聖斗 神戸のクビ切り小僧
●林真須美 →帰化人。和歌山毒入りカレー事件 4人毒サツ 63人が負傷
↑通名報道は必要か?
民潭の統計調査によると在日朝鮮人約64万人中、約46万人が『無職』である。つまり4分の3が無職である。年計2兆3千億円が「日本人ですらない在日朝鮮人の生活保護費」になっている。
そんな在日を日本国民が血税を支払って養っているのである。
在日は「そんな特権は存在しない!」などと嘘をつくが、騙されてはならない。在日朝鮮人は仕事もしないで生活保護で年間600万円も貰って優雅に生活し、子供も朝鮮人学校に通わせて更に補助金を貰う。
また、これは失業保険とは違うので仕事をしても給付対象からはずれることはない。
これで、もし『外国人参政権』などが認められた日には文字通り"日本が朝鮮人のものになるのは時間の問題であろう。 

Kommentiert von: kokomi | 21. Februar 12 um 08:46 Uhr

Kommentar schreiben



(Wird nicht angezeigt.)




TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204825/17451614

Folgende Weblogs beziehen sich auf 【名古屋芸術大学・芸術療法講座】最終レポート「疾病論」 研究対象作品リストアップ:

« 【名古屋芸術大学・芸術療法講座】2007年度最終レポート「疾病論」 | Start | 土方巽『舞踏大解剖2』(慶応義塾大学日吉キャンパス) »