« 【再掲】点滴史を築いた人びと(10)~高津忠夫(後編) | トップページ | カナダの医学史研究者からメールが届く »

2008年6月15日 (日)

【テレビON AIR】フジテレビ『いただき+(プラス)』に生理学者リンガーの番組資料を提供(6月2日放送分)

1 02

 フジテレビで毎週月曜19時54分~20時で放送中の情報番組『いただき+(プラス)』でカルシウムの特集があり,その際に,私が医学史の分野で長年にわたり研究をしている生理学者シドニー・リンガーの資料が必要ということでフジテレビから問い合わせがあった。そこで,私が研究のために以前からリンガーのご親族であるアン・リンガーさんなどから頂いている資料の一部を番組に提供させていただいた。
(尚,私のリンガーに関する研究については以下のwebも参照に)
 生理学者シドニー・リンガー研究ブログ(英語版)
 http://ringer.cocolog-nifty.com/biography/
 生理学者シドニー・リンガー研究
 http://www.t3.rim.or.jp/~lisalabo/Ringer-J/SydneyRinger-(J).html
 生理学者シドニー・リンガー研究Web(英語版)
 http://www.t3.rim.or.jp/~lisalabo/Ringer/S.Ringer.html

 現在関東ローカルで放送中の『いただき+(プラス)』という番組は,全農が提供の番組で,小学生から中学生ぐらいを対象とした食育の情報番組である。放送時間は非常に短いのだが,毎回食べ物を通じて栄養素やその働きについて楽しく学ぶことができる番組だ。
 今回の特集は「カルシウム」ということで,番組ではカルシウムを多く含む食物の紹介とともに,そのカルシウムの働きを発見したことでも知られるリンガーの研究についても少しだが触れられることとなった。
 リンガー(Sydney Ringer, 1835-1910)は,19世紀イギリスで主に生理学,内科学,小児科学の分野で活躍した人物で,彼の業績で一番有名なのは,点滴の際に輸液基本液として使用されるリンゲル液を発明したことである。多くの日本人は,リンゲル液をその名前の印象からドイツ医学由来のものだと思っているであろうが,実は発明者のリンガーはイギリスの生理学者なので,リンゲル液も本来はイギリス医学由来のものである。しかしわが国の場合は,時の明治政府が帝大(東京大学医学部)にベルツやミュレルを招聘し,近代医学の基礎はドイツ医学から学ぶという方針を決めたことで,わが国にはドイツ以外の由来の技術も多くはドイツ医学経由で入ってきた。そのような経緯から,本来は英語であるはずの“Ringer”も,「リンガー」とは発音せずに古いドイツ式発音で「リンゲル」といってきた慣例のようなものが医学界には存在している。(しかしながら,“er”の綴りを“エル”と発音するのはかなり古いドイツ語であり,現代ドイツ語による発音ならば,英語と同じく「リンガー」と発音するのが自然である。同じように,しばしば医学用語として登場する“Fieber”(発熱)も,「フィーベル」ではなく「フィーバー」とするのが現代ドイツ語では一般的である。)

 今回の番組ではリンガーのカルシウムに関する実験を取り上げることになった。リンガーがカルシウムの働きについて行った実験というのは,カエルから摘出した心臓にトノメータをつなぎ,生理食塩水を灌流させながら心筋におけるアルカリイオンの作用を詳しく分析するというものである。リンガーはこの実験を通して,カルシウムとカリウムが正しい割合で存在する事で心室の収縮がはじめて正常に維持でき,しかもカルシウムが少なすぎたり,カリウムが多すぎると収縮は不規則で弱まり,さらにカリウムを増やしすぎると心臓が止まってしまう,という歴史的大発見をするのである。
 この時に生理食塩水に偶然混入した多電解質でできた溶液がリンゲル液である。その後リンゲル液は,ヒト血漿用に多電解質が補正されて,現在医療現場で使用されているリンゲル液になった。
 また,リンガーのカルシウムを始めとする多電解質に関する実験とその成果は,現代の医科学にも延々と受け継がれている。例えば心臓外科手術の際、塩化カリウムを注入し一時的に心臓を停止させるという技法や、心室細動の除去などがそれであり,いずれもリンガーの研究がなければ産まれなかったであろうメソードである。
 以下は,Journal of Physiology(英国生理学雑誌)に掲載されているリンガーのカルシウムの研究と,リンゲル液誕生の記録である。
Ringer, S. Concerning the influence exerted by each of the constituents of the blood on the contraction of the ventricle. Journal of Physiology, 1882, 3:380-393.
Ringer, S. A further contribution regarding the influence of the different constituents of the blood on the contraction of the heart. Journal of Physiology, 1883, 4:29-42.
(因みに私の書斎には,リンガーが書いたこの2つの論文の表紙を額に入れて飾ってある)

 なお番組では,子どもたちに理解しやすいように,リンガーが研究する様子などがイラストでも登場した。イラストレーターの方が書いて下さったリンガーは,ポートレートに比べるとまだ若いころの印象だ。どことなく俳優の佐々木蔵之介さんにも似ていたりする。

番組Webページhttp://www.fujitv.co.jp/itadaki/

★BSフジで再放送(7月20日 20:55~21:00)

|

« 【再掲】点滴史を築いた人びと(10)~高津忠夫(後編) | トップページ | カナダの医学史研究者からメールが届く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204825/41541060

この記事へのトラックバック一覧です: 【テレビON AIR】フジテレビ『いただき+(プラス)』に生理学者リンガーの番組資料を提供(6月2日放送分):

« 【再掲】点滴史を築いた人びと(10)~高津忠夫(後編) | トップページ | カナダの医学史研究者からメールが届く »