« 【再掲】点滴史を築いた人びと(9)~高津忠夫(前編) | トップページ | 【テレビON AIR】フジテレビ『いただき+(プラス)』に生理学者リンガーの番組資料を提供(6月2日放送分) »

2007年6月19日 (火)

【再掲】点滴史を築いた人びと(10)~高津忠夫(後編)

(このテキストは,難治性大腸疾患情報誌「CC JAPAN」に2001年4月から2003年2月にかけて連載した評伝を再掲したものです。ここに登場する歴史上の医学者たちは,輸液(点滴)の発達に大きく寄与した人物たちであり,その中で,リンガーの仕事はどのように位置づけられるかを改めて考察するものです。)

点滴史を築いた人びと 第10回

高津忠夫(Tadao Takatsu, 1910-1974)(後編)

Prof_takatsu_2 東大小児科液、そしてソリタTの誕生
 現在の医療現場で使われている輸液剤は、用途別に分類すると4種類に分けることができる。
 まず、通称「1号液」といわれるもの。これは別名「開始液」(点滴開始液)とも呼ばれ、病態が判らない患者に対し応急処置として投与する液である。そのため、腎機能障害の場合も想定してKは含まれていない。次の「2号液」は体液バランスの補正を目的とし、「3号液」は「維持液」と呼ばれ、一日の必要水分と電解質を補う事を目的とする。そして「4号液」は術後回復のために投与されるものだ。
 なるほど、これをみるかぎり実に理にかなっている。しかし、これが終戦後の動乱期に、しかも物資も設備も充分でなかった時代から立ち上がっていったものであることを知った時、われわれは、そこに深く関わった人物に往年の本田宗一郎や盛田昭夫の姿を重ね合わせることができるであろう。
 日本近代の小児科学を築いた高津忠夫とは、まさにそのような人物である。
 1954年、信州大学から東大へ移った高津は、ダロウ★注1)、バトラー★注2)といったアメリカの小児科医たちが書いた論文などをさかんに研究していた。それらはすべて小児を対象とした最新の輸液療法に関するものである。高津はこれらの論文を読むたびに、日本の小児医療、それどころか輸液概論そのものがひどく遅れをとっていることを痛感せざるをえなかった。
 この当時、すでにアメリカでは病態に対応した様々な種類の輸液剤が開発されており、しかも静脈内輸液の技術も確立されていたのである。一方、日本はというと、高津が東大に着任した当時は、いまだ皮下輸液が行われていたという状況であったのだ。

あくまで「国産」にこだわる
 高津忠夫は、思い立ったら直ちに行動する人であった。信州大学時代から継続していた輸液の研究をさらにおし進めるために、1957年頃から主にアメリカを中心とした世界規模のフィールドワークを始めるのだ。高津が訪れた国は、アメリカを始めとして、西ドイツ、フランス、スイス、オランダ、イタリア、スウェーデン、チェコ、ソ連など実に広範囲にわたっている。高津はここで各国の様々な輸液組成の資料を収集して日本に持ち帰るのである。
 この中で高津が注目したのがやはりダロウやバトラーの作った輸液剤だ。高津はこれをもとにして3種類のベーシックをまず作ってみた。これはダロウやバトラーが作った組成を参考にした多電解質の溶液であった。高津はアメリカでの見聞により、信大時代から最大目標に掲げていた小児の三つの疾病、すなわち疫痢、消化不良性中毒症、アセトン血性嘔吐症(自家中毒)の治療には多電解質液の開発が必要であると考えるのである。
 しかし、東大薬局内でこれを作るのは困難を極めていた。まず、単一組成の溶液に新たにアンプルから別のものを加えるという発想がなかった。そのため、容量や配合を間違えると液が変色するとか、沈殿するといった事態が起こってしまった。
 試行錯誤の末、ようやく無色透明の原液が完成するものの、今度はこの原液のクオリティーを一定に保たなければならなかった。だが、とりあえずここに信大時代には果たせなかった「東大小児科液」が誕生したのだ。これを機に、外科からのアプローチで4号液も加わり、現在のソリタのスタンダードが完成する。
 高津が次に試みたのは、この「東大小児科液」をスタンダードとして製品化することだ。時に、輸液という言葉が現在のように普及する以前の1960年代に入って間もない頃の話しだ。高津はすでに幾度もの欧米での視察で、輸液というものが20世紀の大きな医薬産業の一つとなるであろうと予測していたのである。
 医局の中には、高津と同様にして「東大小児科液」を製品化することを切望した小児科医たちが数多くいた。その中でも1954年に入局した高津の一番弟子にあたる塙嘉之や翌年入局の大部芳郎らは、特に医局とつながりがあった幾つかの製薬会社との窓口になり製品化に尽力した。そして最終的に大部がチーフを務めていた東大小児科電解質研究班と清水製薬の共同開発により、わが国初の国産輸液剤「ソリタT」が誕生するのである。実に、高津忠夫が信大時代から数えて10年以上の歳月が流れていた。

小児科学の夜明け
 高津忠夫の業績をかたる時、輸液研究にばかりスポットが当たりがちであるが、それは研究者としての高津の一面であり、もう一方で、優れた小児科医としての姿もある。
 育児を経験したことのある人なら、一度は目にしたことはあるであろう育児書のベストセラー『スポック博士の育児書』。この育児書は、現在のように子育て情報誌がなかった時代の母親たちにとっては必須の手引書であった。実はこの育児書を翻訳するにあたっての監修者の一人に高津忠夫も名を連ねている。
 高津は小児科医療において病児を診ることは当然だが、それとともに病児を抱える母親の健康状態も同時に把握しなければ小児科医としての責務を充分に果たしたとはいえないと考えていた。高津が母子に対して注いだ深い愛情は、例えば森永ミルク中毒、予防接種事故といった昭和40年代に多発した不幸な出来事を目の当たりにしてきて、なお一層強いものになっていったのであろう。
 高津の小児科学に対する理念は、学外の多くの活動にも垣間見ることができる。例えば、「子どものがんを守る会」などをはじめとするNPO活動、「高津児童文庫」などもその一つだ。当時、学園紛争ただ中にあっても、その人柄なのか、運動家たちからの非難、攻撃などはなかったという。
 1970年に東大を退官してからも、予防接種事故審議会などの役員を務めるなど、常に母子の視点に立ち、小児科医としての道を極めた高津忠夫は、1974年12月、無念にも64才の若さでこの世を去る。しかし後世にわたり高津が残した遺産は数え切れない。それは、少子高齢化社会に加えて近年の小児科医の減少という状況の中にあっても、なおも小児科医を志す者たちにとっての礎なのである。
(井上リサ, e-mail:lisalabo@t3.rim.or.jp, CC JAPAN, Vol.10, pp.46-47, 2002)

[謝辞]
前回、今回と高津忠夫評伝を書くにあたり、清水製薬医薬情報部の法月晃夫氏より貴重な資料を提供していただいた事に深く感謝申し上げます。

注1)
ダロウ(Daniel Cady Darrow,1895-1965)は、乳酸リンゲル液にカリウム・イオンを加えた輸液剤、いわいる「ダロウ液」を発明した人物。ダロウ液は今でも低カリウム血症などの治療に使われている。(詳しくは「CC JAPAN」Vol.6のコラムを参照)
注2)
バトラー(Allan Macy Butler, 1894-1986)は、小児の下痢や嘔吐によるアシドーシスの研究、治療に尽力したアメリカの小児科医。(詳しくは「CC JAPAN」Vol.5のコラムを参照)

参考文献
A message of congratulations to Tadao Takatsu. On the occasion of age-imposed retirement. Am J Dis Child. 1971 Jan; 121(1): 84.
To our respected Professor Takatsu. Paediatr Univ Tokyo. 1970 Dec; 18: 1-9.
Darrow DC.  Body-fluid physiology: the relation of tissue composition to problems of water and electrolyte balance. N Engl J Med, 1945; 233:91-111.
Darrow DC.  Congenital alkalosis with diarrhea. J Pediatr, 1945; 26: 519-32.
Butler AM.  Parenteral fluid therapy in diadetic coma.  Acta Pediatr, 1949; 38: 59-70.
Mengoli LR;Excerpts from the history of postoperative fluid therapy. American Journal of Surgery, 1971, 121 (3): 311-321.
江川義雄「高津忠夫」広島医学, 1976, Vol.29, No.4. pp.112-113.
塙 嘉之「ソリタTと高津教授」(議事録、於・大森病院)1988年6月16日
順天堂大学・藪田敬治郎教授講演集,  1988年7月5日
「東大小児科の生い立ち」東大医学部小児科教室同窓会、1959年6月10日

|

« 【再掲】点滴史を築いた人びと(9)~高津忠夫(前編) | トップページ | 【テレビON AIR】フジテレビ『いただき+(プラス)』に生理学者リンガーの番組資料を提供(6月2日放送分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204825/15464827

この記事へのトラックバック一覧です: 【再掲】点滴史を築いた人びと(10)~高津忠夫(後編):

» リンゲル液/リンゲル液 [なるほどキーワード]
リンゲル液について悩みを解決するには、まずはリンゲル液についての正しい知識が必要です。そこで、リンゲル液についての情報を集めました! リンゲル液について調べて、リンゲル液に関する悩みを解決しちゃいましょう! リンゲル液 関連のアイテム 梅丹・中国産(...... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 07時15分

» 講演会謝辞/講演会謝辞 [なるほどキーワード]
講演会謝辞について悩みを解決するには、まずは講演会謝辞についての正しい知識が必要です。そこで、講演会謝辞についての情報を集めました! 講演会謝辞について調べて、講演会謝辞に関する悩みを解決しちゃいましょう! 講演会謝辞 関連のアイテム ここをクリック...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 09時11分

« 【再掲】点滴史を築いた人びと(9)~高津忠夫(前編) | トップページ | 【テレビON AIR】フジテレビ『いただき+(プラス)』に生理学者リンガーの番組資料を提供(6月2日放送分) »